PC向けパズルADV「最涯(さいはて)の列車 時の終わり、大地の始まり」が発表!

©株式会社イクセル

畳部屋氏は、PC向けパズルアドベンチャー「最涯(さいはて)の列車 時の終わり、大地の始まり」を2020年に発売予定であると発表、トレ―ラーを公開した。

畳部屋氏は、2018年6月13日に「NOSTALGIC TRAIN」を発売。日本の田舎が舞台のウォーキングシミュレーターという一風変わったジャンルでありながら、Unreal Engine4で制作された美麗な背景や童心を刺激されるような懐旧が好評を博した。

今回発表された「最涯(さいはて)の列車 時の終わり、大地の始まり」は、同氏が制作中の完全新作。前作同様“列車”を中心に据えた作品のようだが、「あの世とこの世の狭間」「悠久の栄華を誇った帝国の滅亡」などのキーワードやパズルアドベンチャーゲームというジャンルなど、前作とは違った空気感が味わえそうだ。

■ストーリー概要

虚ろ野と呼ばれる草原はあの世とこの世の狭間だと人は言う。魂が、安息を見つける最後の土地だと人は言う。永遠に走る列車の中で悠久の栄華を誇った帝国の滅亡と、歴史に翻弄され忘れられた高貴な少女の手がかりを追う。そして、列車がたどり着くのは……

■ゲーム概要

ジャンル:パズルアドベンチャーゲーム
発売予定:2020年
対応機種:現時点ではWinPC版を予定
開発・販売:畳部屋

公式Twitter
https://twitter.com/tatamibeya2017