人気将棋漫画「3月のライオン」 「サッポロ一番」カップ麺のパッケージになった 

©株式会社ジェイ・キャスト

サンヨー食品の即席麺「サッポロ一番」は、将棋を題材にした漫画「3月のライオン」とコラボレーションし、2020年1月上旬から期間限定のオリジナルパッケージで販売される。

「サッポロ一番塩らーめんどんぶり」

キッチンマグネットが当たるキャンペーンも実施

「3月のライオン」は白泉社の青年コミック誌「ヤングアニマル」で連載されている、羽海野チカさんの漫画だ。

オリジナルパッケージで登場するのは「サッポロ一番どんぶり」5種、「サッポロ一番ミニどんぶり」4種、「サッポロ一番ミニどんぶりバラエティーパック4食入」で、漫画の主要キャラクターである桐山零、川本あかり、川本ひなたらがそれぞれのフタに描かれている。

「サッポロ一番どんぶり」5種が希望小売価格193円、「サッポロ一番ミニどんぶり」4種が希望小売価格116円、「サッポロ一番ミニどんぶりバラエティーパック4食入」が希望小売価格464円(それぞれ税抜)。

また先行して、「3月のライオン」のメインキャラがデザインされた「キッチンマグネット」が当たるプレゼント企画を始めている。

ハガキに「サッポロ一番どんぶり」各種と「サッポロ一番ミニどんぶり」各種のフタに記載されているバーコード2枚を貼り応募できる。抽選で1000人に「サッポロ一番オリジナル3月のライオンイラスト付きオリジナル缶マグネット12個セット」が贈られる。なお、コラボパッケージではない商品からでも応募できる。

応募は2020年3月31日まで、詳細はキャンペーンサイトに掲載されている。<J-CASTトレンド>