長崎北陽台 善戦及ばず 山口が意地の1トライ

©株式会社長崎新聞社

【2回戦、桐蔭学園ー長崎北陽台】ノーサイド直前、長崎北陽台のFB山口が左隅に走りこんでトライを決める=花園ラグビー場

 全国高校ラグビー大会第3日は30日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で2回戦16試合が行われ、長崎県代表の長崎北陽台はAシードの桐蔭学園(神奈川)に7-38で敗れた。九州勢はBシードの東福岡と佐賀工が順当に3回戦進出。大分東明は常翔学園(大阪第2)に5-83で屈した。
 長崎北陽台は前半5分に先制のPGを決められると、後半13分までに計5トライ(5ゴール)を奪われた。その後はFB山口のカウンターアタックなどから何度も相手ゴール前まで迫り、ノーサイド直前にSO本山嵐、CTB岡崎、山口とつないで左隅にトライ(ゴール)を返したが、それ以外はゴールラインを割れなかった。
 第4日は元日、同ラグビー場で3回戦8試合を実施する。