養殖場を見学 魚の生態学ぶ 伊勢崎市で放課後デイの子ども

©株式会社上毛新聞社

 障害や病気の子どもの放課後等デイサービスを運営する群馬県伊勢崎市上諏訪町のNPO法人「りぼん」は魚養殖業者の業務や魚の生態を学ぶ体験会を開催した。同施設の利用者が市内の業者「ジースリー」を訪問した。

 同社はウナギやチョウザメを養殖している。参加したのは小学生から高校生までの10人ほど。魚を触ったり、餌を与えたりするなどし「たくさんいてすごい」「ぬるぬるする」などと驚いた様子だった=写真。同社の社員から魚の特徴や種類なども教えてもらった。