家にあるものですぐできる! 簡単にできる窓の結露防止方法

©株式会社マイナビ

こんにちは。寒くなると靴下を重ね履きするようになり、過去最高記録は5枚履きのankoです。

地域によってもさまざまですが、気温の低い地域などでは室内との温度差も激しく、毎年結露に悩まされているという方もいると思います。

今は市販でもたくさんの結露防止アイテムが出ていますが、よく見かけるかわいい柄の結露テープなどは、ものによっては窓に貼り付ける糊が窓に残ってしまい、いざ剥がすときに大変なことになったり、窓全体に貼る結露防止シートなども、結局はサッシ部分が結露するのであまり意味がなかったりというケースもよく聞きます。

我が家もいろんなアイテムを試してきたのですが、結果としてどれも続かないものばかり。

今まではせっせと雑巾で拭いてきたのですが、朝の忙しい時間に窓拭きをしている余裕もなく、何か別の方法はないかなぁと思っていました。

家にある◯◯が結露に効果的!?

そこで始めたのが、なんと食器用洗剤を使った結露防止対策。

食器用洗剤ですと、大概のお宅にあると思うので、気軽に試すことができますよね!

では、この洗剤をどのようにして使うのでしょうか?

簡単にできる! 結露予防方法

使い方は至ってシンプル!

布巾などに直接食器用洗剤をつけて、結露しやすい場所を拭くだけです。

食器用洗剤を薄めたものをスプレーボトルなどに入れて拭く方法もあるようですが、その方法を試してみたところ、変に泡立ったりして拭きにくく感じたので、我が家では原液のまま使用しています。

なぜ食器用洗剤が結露に効果的なの?

そもそも、結露の原因は、表面張力の力で室内の水分が張り付いて起こるものらしく、食器洗剤である中性洗剤に含まれる界面活性剤が、表面張力を弱くする作用があるとのこと。

では実際に、この方法を試してどのような結果になったのか見てみましょう。

こちらはキッチンにある勝手口。毎朝冬場になると、このように結露でビチャビチャになっています。

では洗剤で予防していた部分は、どうなっているでしょうか?

いかがでしょうか?

完全に水分がなくなっている! という訳ではなさそうなのですが……。

何も対策をしていないところで見られた水滴はなく、薄い膜が張っているような感じ。

このようにして水滴がつかなくなることにより、水分が蒸発して乾燥しやすくなるのです。

それを証明したのがこちら。

キッチンの勝手口と同じように結露対策をした窓のサッシ部分。翌朝見てみると、同じように薄い膜ができていたのですが、お昼過ぎに帰宅するとカラカラに乾いていました。

今まで大量の結露をせっせと拭いてらっしゃる方もいれば、そのまま放置で乾くのをひたすら待っていたという方もいらっしゃったかもしれません。(これまでの我が家がそうでした)

けれども、予防一つでその手間や時間が省けるとしたら、とてもうれしいことですよね。

洗剤を使う前のもう一仕事

洗剤で拭けば結露を防止できる! とすぐにでも取り掛かりたいところですが、その前にあることをすると、さらに結露によるカビも防ぐことができます。

その方法はこちら!

それはアルコールで、カビやすいサッシ部分などをあらかじめ拭いておくことです。

我が家では、ドラッグストアで消毒エタノールを購入して、アルコールスプレーを手作り。

手作りアルコールスプレーの作り方の詳細はこちら。

アルコールスプレーを手作りしておくと、市販の除菌スプレーを購入するよりも遥かにコスパがよく、こうしたカビ予防にはもちろんですが、普段食事をするテーブルの上を拭くときや、子どものおもちゃの消毒などにも使えるのでオススメです。

このアルコールスプレーを使ってしっかりと拭いておくことで、カビが発生しにくい状態を作り、さらに食器用洗剤で結露を予防! という状態を作ることができるのです。この2つのポイントをしっかりと押さえながら、あとはこまめに換気を行うこと。これが結露を防止する一番の方法ではないかと思います。

まとめ

毎年冬の結露に悩まされているという方がいらっしゃいましたら、簡単にできちゃうこの方法をぜひ一度試していただけたらと思います。

ただ残念なことに、この食器用洗剤を使った結露防止対策は、地域にもよりますが1週間程度の効果といわれています。効果が薄れてきたな? と感じたら、また新たに塗り直すことをオススメします。

また食器用洗剤を使用するため、小さなお子さんの手の届く範囲であったり、舐めてしまうような恐れがある場所での使用は控えた方がいいかと思います。

我が家もこれからが寒さ本番ですが、結露に負けないように頑張りたいと思います!