【絶景】TBS『世界遺産』の2019年ベストショット10景

©(株)東京放送ホールディングス

2019年、『世界遺産(TBS系列)』では39もの世界遺産を巡りました。番組でご紹介した数々の絶景の中から、10か所の「絶景」世界遺産をピックアップします。

1. メテオラ(ギリシャ)

高さ300mの巨岩と、その上に建つ修道院。ギリシャにある天空の不思議建築「メテオラ」は、約500年前に建てられ、未だ現役の修道院もあります。

2. 南部ラグーンのロックアイランド群(パラオ)

海の「青」と島の「緑」が見事なパラオの絶景ですが、海水が入り込んだ湖の中に「オレンジ色」のくらげが約100万匹!色彩豊かです。

3. ライン渓谷(ドイツ)

ドイツの父なる川・ライン。中でも景観が美しいのが「ライン渓谷」です。途中には、ヘアピンの形をした美しいカーブがあり、「ボッパルトの大蛇行」と呼ばれています。

4. スケリグ・ヴィヒール(アイルランド)

太平洋の孤島「スケリグ・ヴィヒール」は、かつて修道士が住んでいました。切り立った崖には650段の階段や、修道士たちが天然石を積み上げて作られたドーム状の小屋が残されています。映画『スター・ウォーズ』の撮影地にもなりました。

5. ヒエラポリスとパムッカレ(トルコ)

純白の石灰棚が続くトルコの「パムッカレ」。実は古代ローマの温泉地でした。棚の白と、温泉の透き通った青のコントラストが素晴らしい絶景です。水温は35℃、寒い日の朝は湯気が立ちます。

6. 古都京都の文化財(京都)

天皇家ゆかりの京都「仁和寺」。皇族が愛でた“御室桜”が満開になると、境内が春色に染まります。

7. コンソの文化的景観(エチオピア)

エチオピアの山にある横じま、正体は段々畑です。そして、頂上の村には、キノコのような形の家が立ち並んでいます。

8. ドーゼットと東デヴォンの海岸(イギリス)

イギリス南部の全長約155kmにわたる海岸線には、白亜の絶壁があります。また、キレイに丸くなっている入り江は、自然が生み出したものというから驚きです。

9. 三清山国立公園(中国)

古来、「仙人が住む」と信じられてきた中国の三清山。幻想的な雲海です。これらの奇岩は、雨水の浸食によって創り出されました。

10. ワディ・ラム保護地域(ヨルダン)

中東・ヨルダンの大砂漠「ワディ・ラム保護地域」。まるでSF映画の舞台になりそうな風景は、「月の谷」と呼ばれています。

世界にはまだまだ多くの絶景の世界遺産があります。
2020年も、どんな絶景が見られるのか楽しみですね。

壮大な遺産の旅へ世界遺産(TBS系列:日曜午後6:00~6:30)
■1/5(日)の『世界遺産』は、ローマ帝国の金山! ラス・メドゥラス(スペイン)