香取慎吾&稲垣吾郎&草彅剛が「スッキリ」チームとパラ競技で罰ゲームを賭けた真剣勝負!

©株式会社東京ニュース通信社

日本テレビ系で1月6・7日放送の「スッキリ」(月~金曜午前8:00)に香取慎吾、稲垣吾郎、草彅剛が登場。今年開催される東京パラリンピックを盛り上げるスペシャル企画として、「新春SPパラスポーツ対決」の模様をおくる。放送される企画は、加藤浩次、近藤春菜、水卜麻美アナウンサーの「スッキリチーム」と香取、稲垣、草彅の「新しい地図」チームによる真剣勝負だ。

対戦のきっかけは、2019年8月28日にパラリンピック1年前企画として、同番組に生出演したことにさかのぼる。国際パラリンピック委員会の特別親善大使を務め、長年アスリートを取材してきた香取が、パラ競技の魅力を紹介した。その様子をスタジオで見た加藤が「『新しい地図』対『スッキリチーム』でチーム戦やろうか」と発案。香取も「いいですね」と賛同し、さらに10月7日の放送では稲垣が対決について「ぜひ呼んでいただければ。面白い競技です」と前向きに発言していた。

対戦に向けて、香取は「こんなに早く実現するなんて」と喜び、競技は香取お薦めの「ボッチャ」と「ゴールボール」。お互いに「ぶっつぶしてやるよ!」と気合十分で、「負けたチームは、勝ったチームの言いうことを何でも聞く」という罰ゲームを賭けた勝負に挑む。

ボッチャでは、香取を中心に戦略を練る新しい地図チームに対し、「スッキリ」チームは放送後に練習を行ってフォーメーションを考えた。また、アイシェードを身に着けた状態で鈴の音を頼りにゴールを奪い合うゴールボールでは、加藤の必殺技や新しい地図チームの運動能力の高さが光る技が飛び出した。一歩も譲らないガチンコ勝負を制するのは一体どちらのチームなのか? そして罰ゲームを受けるのは…? 対決後、新しい地図チームの3人は「楽しかった。見ていただく方にも、パラ競技の楽しさや難しさが伝わるのでは」とコメント。

放送に先駆け、1月1日からスペシャル映像「試合直前!対決にかける意気込み」を番組ホームページで公開開始。闘志に燃えながらも和気あいあいとした控室での様子などが見られる。