アニメ「遊☆戯☆王」新シリーズ「遊☆戯☆王SEVENS」が4月放送開始!

©株式会社東京ニュース通信社

人気アニメシリーズ「遊☆戯☆王」の最新作「遊☆戯☆王SEVENS(セブンス)」が4月よりテレビ東京系にて放送されることが決定(開始日未定)。あわせてキービジュアルや主要キャラクター、キャスト陣が発表された。

1996年から「週刊少年ジャンプ」にて連載を開始した大ヒット漫画「遊☆戯☆王」(原作:高橋和希)。2000年から同漫画を原作としたTVアニメ「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」の放送が開始し、その後も「遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」「遊☆戯☆王5D’s」「遊☆戯☆王ZEXAL」「遊☆戯☆王ARC-V」「遊☆戯☆王VRAINS」と歴史を重ね、2020年にはTVアニメ20周年を迎える。「遊☆戯☆王SEVENS」ではシリーズで初めて主人公を小学生に設定。また、作品内で展開されるデュエルはこれまでにない新しいルール「ラッシュデュエル」が採用される。

物語の舞台は今よりもちょっと未来の都市・ゴーハ市。この街では、職場・学校やショッピングモール、ゲームセンター、デュエルのルールに至るまで、生活にかかわるほとんどのものは街一番の大企業「ゴーハ」社によって管理されている。主人公はそんな生活を「便利だけどなんかキュークツ」と感じている王道遊我。「ゴーハ第7小学校」に通う5年生の遊我は、子どもにとってキュークツな世界を変えるため、自分の発明(ロード)を信じ、新たに作り出したデュエルルール「ラッシュデュエル」で奮闘していく。

遊我を演じるのは俳優や歌手として活躍している石橋陽彩。石橋は本作品に参加するにあたり、「僕は小学生ぐらいの時に、夕方の時間は必ずと言っていいほど『遊☆戯☆王』を見ていました。そんな思い出の作品に出演させていただけると聞いた時、ものすごくうれしかったし頑張ろうと思いました! 今作はTVアニメ遊戯王20周年の記念すべき作品なので、全力で頑張らせていただきます!!」と意気込みを語っている。

また、主要キャストとして遊我の隣のクラスの同級生で、⾃称「“ゴーハ7小”ナンバーワンデュエリスト」のルーク/上城⿓久役を八代拓、「ゴーハ7小」の生徒会⻑を務める6年生・蒼月学人役を花江夏樹、遊我のクラスメート・霧島ロミン役を楠木ともりが務めることも決まった。