「さんまのまんま」藤田菜七子が初出演!気になる騎手のお正月の過ごし方は?

©株式会社東京ニュース通信社

「さんまのまんま」藤田菜七子が初出演!気になる騎手のお正月の過ごし方は?

明石家さんまが家のリビングに見立てたセットでゲストを迎え、トークを展開する人気バラエティー「さんまのまんま」(フジテレビ系=関西テレビ制作)。「新春大売り出し!」と題した2020年1月2日放送のスペシャルでも、田中圭、有村架純、田中将大など豪華なゲストが登場する。今回は、19年に中央競馬の重賞レースで初勝利し、先日通算100勝を達成した女性騎手・藤田菜七子が番組初出演! さんまとの初共演の感想などを聞いた。

──収録を終えての感想を教えてください。

「緊張しました。さんまさんとは初対面だったんですが、テレビで見ているままの印象で、すごく楽しい方でした。(競馬の)レースとは全然違った緊張感で、台本のない番組で何を話したらいいんだろうと不安だったんですが…。さんまさんからたくさん話を振っていただいたので、やりやすい空気感の中で楽しむことができたと思います」

──今回のお土産が“トレーニング用の下駄”ということでしたが、なぜそれを選ばれたんですか?

「あの下駄は歯が一つしかないものなのですが、それを履いてバランスを取りながら立つというトレーニングをしています。普段どういうトレーニングをしているのかなどを知っていただくいい機会だなと思って持ってきました。馬を連れてくるわけにはいかなかったので(笑)」

──トレーニングの話が出ましたが、騎手の方は年が明けてもすぐにレースがありますよね。お正月はどのように過ごされるんですか?

「これは毎年なんですが、12月31日まで調教があって1月2日からまた馬に乗り始めるので、お休みは1月1日だけなんです。1日は祖母の家に行って、家族でテレビを見たりしながらゆっくり過ごしています。私は、そこまで体重に気を使わなくていいので、おせちとかも気にせず食べちゃいますね(笑)」

──ほかの騎手の方はうらやむかもしれませんね。19年は激動の1年だったかと思うのですが、振り返ってみるといかがでしたか?

「19年はさまざまなことを経験できましたし、たくさん学ぶことができた1年でした。20年も変わらず、次の1勝を目指して勝ち星を積み重ねていきたいですし、その中で大きな重賞レースも勝てればいいなと思います」

──最後に、藤田さんの思う今回の番組の見どころを教えてください。

「バラエティーには今までほとんど出たことがなくて、プライベートな話をする機会もなかなかなかったですし、普段番組に出演する時の衣装とも違います。いつもとは少し違った私を見てもらえればうれしいです!」

──ありがとうございました!

ほとんどバラエティーに出演したことがないという藤田騎手が、さんまさんとどのようなやりとりを見せるのか? 今回の放送は午後3時45分からです。お正月の家族団らんに、こたつでみかんを食べながらお楽しみください!

【プロフィール】


藤田菜七子(ふじた ななこ)
1997年8月9日生まれ。茨城県出身。趣味は読書。競馬学校を経て、2016年3月3日のひな祭りにデビューし、3月24日に浦和競馬場で女性騎手初の1日2勝を果たすと、4月10日にサニーデイズで中央競馬初勝利。18年にはJRA女性最多勝記録更新。19年12月8日に行われた第12回カペラステークス(G3)ではコパノキッキングに騎乗し、中央競馬の重賞レース初勝利。同年12月15日には、日本の女性騎手初の中央・地方競馬通算100勝を達成した。

【番組情報】


「新春大売り出し! さんまのまんま」
フジテレビ系
1月2日 午後3:45~6:30

関西テレビ/フジテレビ担当 H・A
撮影/尾崎篤志