県内交通死亡事故「アンダー50」達成 72年ぶり

©株式会社愛媛新聞社

 愛媛県警交通企画課は1日、2019年の交通事故による死者数が42人(前年比17人減)だったと発表した。県警は06年から死者数を一定数未満に抑える目標「アンダー作戦」を推進しており、13年に50人未満を目指す「アンダー50」を掲げて以来、初めて達成した。50人未満となったのは、49人だった1947年以来、72年ぶり。