ハエは諦めないのが恋の秘訣?

求愛行動で名古屋大

©一般社団法人共同通信社

 恋の秘訣は何度振られても諦めないこと?―。名古屋大の上川内あづさ教授らの研究チームが、ショウジョウバエの雌が雄の求愛を拒否し続けた後、受け入れに至る脳の神経機構を解明したと、3日付の米科学誌に発表した。

 チームによると、ショウジョウバエの雄は雌を見つけると即座に追い掛け、羽を震わせて「求愛歌」を奏でるが、雌はかわしながら相手を見極める。こうした行動は知られているが、拒否から受容に切り替わる際の神経の働きは不明だった。

 チームの石元広志特任講師は「雌にも求愛歌の好みがあるようで、なかなか受容しないこともある」と話す。猛アタックが必ず実るわけではないらしい。