ひふみん&澤穂希2人のレジェンドが「警視庁・捜査一課長」にゲスト出演!

©株式会社東京ニュース通信社

ヒラ刑事からはい上がってきた、たたき上げの捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と捜査員たちの熱き奮闘を描くテレビ朝日系のドラマ「警視庁・捜査一課長」の1月3日(午後9:00)放送の「正月スペシャル」に、“ひふみん”の愛称でおなじみの棋士、加藤一二三・九段と、女子サッカー界のレジェンド・澤穂希がゲストとして登場する。

物語は、“自殺ではないと言い張る遺体”が発見されたという奇妙な知らせが大岩にもたらされるところから始まる。その遺体は、8年前に強盗殺人事件で誤認逮捕された過去を持つ、元外食チェーン社長・片倉義彦(長谷川朝晴)だった。廃ビル屋上からの転落死とみられたが、遺体のそばに落ちていたスマートフォンには「自殺ではない。殺された」という謎のメッセージが残されていた。さらに、元捜査一課の刑事だった“ジンジャー”こと陣内綾(伊藤歩)が事件現場にいた事実が判明する。実は、綾が片倉を誤認逮捕した張本人だった…。やがて、大岩は自らの進退をかけて、綾を捜査に加えるという前代未聞の決断を下す。同じころ、笹川刑事部長(本田博太郎)、小山田管理官(金田明夫)、運転担当刑事・奥野親道(塙宣之)らにも職を賭すような危機が迫っており、大岩一課長以下、捜査員たちの“最後の戦い”が展開していく。

加藤九段は以前、NHKのトーク番組に出演した際、「刑事ドラマに出演して捜査一課長役を演じたい」と発言したことがあり、その情報をつかんだ制作側がオファーし、今回の出演が決定したという。しかし役柄は捜査一課長ではなく、大岩一課長の隣家に暮らす元警視総監。将棋が趣味で愛猫家、現在は隠居生活をしているという設定で、ネコを抱いて少々怪しげに登場するシーンや、大岩の妻・小春(床嶋佳子)と将棋の手合わせをするシーンなどの撮影に挑んだ。

加藤九段は監督に演技の流れを確認すると、「ハイ、分かりました」とすぐに対応し、本番は完璧。将棋を指すシーンでは、「駒音の高さは日本一といわれています」と自負するとおり、見事な駒音を響かせた。さらに、床嶋に駒の持ち方を優しく指導したり、駒箱を置く位置をスタッフにアドバイスしたりと、演技以外でも将棋監修として大活躍。また、大のネコ好きで知られる加藤九段は、ネコたちに「はじめまして。おとなしいですねぇ」などと話しかけ、このかわいい共演者と積極的にコミュニケーションを図っていた。

収録を終えた加藤九段は「とても素晴らしい刑事ドラマで、ネコちゃんも将棋も登場するし…ハッキリ言って楽しかったです」とニッコリ。特に感心したのはシナリオのクオリティーだといい、「脚本を繰り返し読みましたが、読めば読むほどきめの細かい、よくできた脚本だと気づきました。将棋のことが随所に出てきて、さえたセリフもあって、きちんと将棋が分かっている方の脚本ですね」と大絶賛。

自身の出演シーンについては「セリフに心を込めて話しているつもりなので、皆さまにそのように受け止めてもらえれば望外の喜びです」と述べ、「私の人生観は、何事も楽しく、面白く、そして深く。将棋も然りですが、このドラマもきめの細かい脚本と演出が展開しますので、楽しいし面白いし深い! ぜひ皆さん、楽しみにご覧いただきたいと思います」とアピールした。

そんな加藤九段の様子に内藤は、「加藤さんは監督の説明の意味を即座に理解され、僕らが日常的にやっている作業を当たり前にパッとやられるから素晴らしい。将棋だけがすごいのではなく、状況を観察し把握する力が突出されていて桁違いに明晰な方なんだなと改めて感じました」と、その勘の良さに圧倒されたことを明かした。

そして澤穂希が演じるのは、殺人事件の第一発見者となるサッカーコーチ・玉賀友代。足元に転がってきたサッカーボールを蹴るシーンでは、撮影の緊張を感じさせない華麗なキックを見せ、キャスト、スタッフからは「おおー!」という歓声があがった。

CMでの演技経験はあるものの、ドラマで本格的に役を演じるのは初めてという澤。「お話を頂いた時は、ただただビックリしました。経験のないことだったので、『どうしよう? こんな私が受けても良いものなのか?』と、とても迷いました。でも、悩んでいるということは挑戦したいっていうことなんだろうなと思い、ありがたくオファーをお受けすることにしました」と心境を告白。撮影を終えた後は、「本当に楽しかったです。図々しくも(笑)、また演技したいなと思いました」と述べ、「また機会があるとすれば…『警視庁・捜査一課長』に出演したいです」と笑顔で応えた。

そんな澤のドラマ初挑戦を見届けた内藤は「セリフも長めでしたが、しっかり演技してくださって、世界を相手に闘った人ってやっぱりスゴイなと思いました。何事からも逃げたりせず、自分を追い詰めて集中力を高めてきた方だからこその演技でした」と絶賛。「待ち時間には、僕らおっさん俳優たちにサッカーの話をしてくれて、しかも劇中でシュートまで披露してくれるなんて…澤さんは女性ですけど、まさに日本の“ヒーロー的存在”。2ショットの写真も撮ってもらって、僕の宝物が増えました(笑)」と大喜び。

さらに、「視聴者の皆さんには画面からレジェンドの力強さ、すごさを感じていただけるのではないかな。澤さんが登場してくださることにより、お正月にふさわしい、ハッピーでおめでたい気持ちを皆さんに味わっていただければうれしいですね」と豪華共演陣でも話題になりそうな本作をプッシュした。