元宿堤稲荷神社の冬景色

©エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社

朱い鳥居と朱い幟の小さな神社です。

「元宿堤稲荷神社」です。「元宿」とは千住元宿のことです。

お参りします。

稲荷神社らしく、狛犬ではなくて狛狐です。

拝殿です。

拝殿の右手には2枚の説明板があります。

お伝えしたいのはこれ。真ん中以降に「千住のお化け煙突」の記述があります。4本の煙突が見る角度によって1本~4本に見えたという、あの高度成長期の産業を支えた火力発電所の話です。

ここがあの煙突の守護社だったのです。

境内には更にこんな碑もあります。もう忘れられそうな事柄を守って来た神社なのです。

境内の保存樹は真冬の風情です。

この話、続きます。