「夏に見た花火よりきれい」ゲレンデ彩る大輪400発 ハチ高原スキー場

©株式会社神戸新聞社

ゲレンデを彩る花火=ハチ高原スキー場

 兵庫県養父市のハチ高原スキー場で2日夜、400発の花火がゲレンデを彩る新春花火大会があった。スキー客や地元住民らが、冬空に咲く大輪に見入っていた。

 同高原周辺のスキー場や民宿関係者らでつくるハチ高原観光協会が30年以上前から毎年、主催している。

 寒風が吹きすさぶ中、午後7時半の号砲を合図に、赤や青、白色の華やかなせん光が夜空を彩った。強風の中でも、ハート形や星形がくっきり浮かび上がると、見物客らはスマートフォンのカメラで撮影するなどして楽しんでいた。

 大阪府八尾市から訪れた小学1年生の男児(7)は「夏に見た花火より間近に感じて、きれいだった」と話した。(末吉佳希)