四三の優勝杯、見つかる 1911年の国内初マラソン五輪予選会 所在不明の「小」を玉名市立歴史博物館で5日から公開

©株式会社熊本日日新聞社

ストックホルム五輪国内予選会のマラソンで優勝した金栗四三。左手に持つのが優勝の小カップ。右側が大カップ=1911年(和水町教育委員会提供)
玉名市立歴史博物館が公開する金栗四三のもう一つの優勝カップ

 1911(明治44)年に国内で初めて開かれた五輪予選会のマラソンで、優勝した金栗四三に贈られた優勝カップのうちの一つが、熊本県内在住の縁故者から玉名市立歴史博物館に寄託された。同博物館は「日本の五輪史や金栗の足跡を記録する貴重な資料」として、開催中の「金栗四三展」(13日まで)で5日から初公開する。

 予選会のマラソンは東京・羽田競技場を発着点に開催され、学生選手の金栗は、非公認ながら当時の世界記録を上回るタイムで優勝。日本の五輪初参加となる翌12年のストックホルム大会では途中棄権したが、後にマラソン一筋の人生を歩む原点となった。

 この時の優勝カップは大小二つあったことが当時の写真などで確認されている。主催者の大日本体育協会が贈った大カップ(高さ約33センチ)は現在、金栗生誕の地の和水町が所有し、複製品を新春の箱根駅伝の最優秀選手に「金栗四三杯」として授与している。

 玉名市が公開するのは、長く所在不明だった小カップ(高さ約20センチ)。表に「オリムピック競技マラソン競走優勝」、裏に贈呈者とみられる東京日日新聞の刻銘がある。3年前、空き家だった金栗の生家が和水町に譲渡される際、相続人の金栗元子さん(79)=熊本市東区=が木箱に入れて母屋に保管されているのを見つけた。

 元子さんはこのほか、金栗が五輪遠征先から生家に送ったはがき、金栗家のルーツに関わる古文書など資料約800点を寄託した。五輪予選会を記した手紙には、雨の中でゴールインした金栗を恩師の嘉納治五郎(大日本体育協会長)が万歳を叫んで出迎える様子など、昨年のNHK大河ドラマ「いだてん」の名シーンと一致する記述もある。

 「いだてん」にも登場した金栗の長兄の孫に当たる元子さんは、晩年まで玉名市から生家を訪ねてきた大叔父を「もの静かで優しい人だった」と記憶する。「大会から50年以上たって訪ねたストックホルムの思い出をうれしそうに語り、お土産もくれた。資料が博物館で活用してもらえたらうれしい」という。(蔵原博康)

(2020年1月4日付 熊本日日新聞朝刊掲載)