フジテレビ生放送で“ポロリ”事故! アナウンサーも謝罪で「縁起悪そう」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)WAYHOME studio / Shutterstock 

2020年元旦、『第53回 新春! 爆笑ヒットパレード2020』(フジテレビ系)で、視聴者に〝お年玉〟が配られた。

〝お年玉〟を配ったのは、お笑いコンビ『アンガールズ』の田中卓志。田中は番組内で、昨年流行したラグビーを模したゲーム企画に参加し、MCの『ナインティナイン』岡村隆史や『ロッチ』中岡創一らと「顔面ラップスクラム」に挑んだ。

同ゲームはラップの張られた壁に顔を押し当て、壁の動いた距離に応じて賞金を獲得できるシステム。田中・岡村・中岡が顔を押し当てると、女優の釈由美子やタレントの丸山桂里奈が後ろから3人を押していく。田中はあまりに強く押し出されたため、顔だけでなく体全体がラップに張り付き、太ももや股間といった下半身までラップで密着。すると、田中の短パンから黒のインナーが飛び出し、実況の佐野瑞樹アナウンサーが「ちょっと待って!ダメダメダメ!」と慌てた様子で叫び始めた。

 

金のお年玉がポロリ

壁を支えていたスタッフも急いで田中の股間を隠したが、時既に遅し。カメラはインナーの下に潜んでいた田中の〝玉〟を捉えており、スタジオは爆笑の渦に包まれた。

佐野アナは「一瞬何か…視聴者の皆さん申し訳ございません」と謝罪し、田中本人は「自覚はないです!押されただけです!」「出てない出てない!」と事故性を強調。CM後、企画内で審判役を務めた『中川家』礼二は「出ていたみたいです。退場!」とレッドカードを突き付け、岡村は「お年玉出した(笑)」と正月にかけてポツリとつぶやいた。

思わぬ〝お年玉〟のプレゼントに、ネット上も、

《こんな形のお年玉は要らないです》
《今年は縁起が悪そうや》
《アンガールズ田中がトレンド入りしてるから新年セール早々結婚でもしたんかと思ったら金玉出してたお正月》
《アンガールズ田中のポロリ世界一需要ない》
《今年に入って初めて見た金玉が自分のじゃなくてアンガールズ田中のだった》
《田中のセクシーゾーンが》

などと複雑そうな反応が…。新年早々の放送事故は、笑い・衝撃・不快感など、さまざまな感情を招いたようだ。

2年前の新春ネタ見せ番組では、アキラ100%のポロリも放送してしまったフジテレビ。来年の正月も、誰かしらの〝お年玉〟が映る!?

 

【画像】

WAYHOME studio / Shutterstock