スティーヴン・キング×J・J・エイブラムス『キャッスルロック2』が日本初放送!

©株式会社WOWOW

ホラーの帝王ことスティーヴン・キングとヒットメーカーのJ・J・エイブラムスが仕掛けるダーク・ミステリー『キャッスルロック』。その第2シーズンの日本初放送が決定した。

『IT/イット"それ"が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』が公開されてまもないキングと、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が大ヒットしているエイブラムス。彼らが製作総指揮を務める本作は、キングの小説「スタンド・バイ・ミー」「デッド・ゾーン」などの舞台となった米メイン州の架空の町キャッスルロックで展開するダーク・ミステリー。キング作品でなじみ深い場所やゆかりの人物が多数登場。キャストも、『IT』シリーズでペニーワイズを演じたビル・スカルスガルドが引き続き出演するほか、新たに『ショーシャンクの空に』の主人公アンディに扮したティム・ロビンスが起用されるなど、キング作品でおなじみの面々が集う。

シーズン2には、小説「ミザリー」のアニーも登場。映画化では同役を演じたキャシー・ベイツが鬼気迫る演技でアカデミー賞主演女優賞に輝いたほど、印象深いキャラクターだ。ドラマ版ではリジー・キャプラン(『マスターズ・オブ・セックス』『トゥルーブラッド』)が扮している。人気作家の小説に異様なほどのめり込んだ彼女の生い立ちや小説家への偏愛の理由が明かされるのも見どころだ。

その他の新キャストは、ポール・スパークス(『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』)、バーカッド・アブディ(『キャプテン・フィリップス』)、ユスラ・ワーサマ(『ラスト・デイズ・オン・マーズ』)、エルシー・フィッシャー(『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』)、マシュー・アラン(『13の理由』)など。

逃げるように各地を転々とする母娘のアニーとジョイは、メイン州キャッスルロックの入り口で事故を起こし、町に滞在せざるを得なくなる。アニーは臨時の看護師として病院に勤めるが、幻覚を抑えるための薬を必要としていた。ソマリアからの移民と地元住民が対立する町では、誕生400周年記念行事を前に奇怪な事件が起き始めており...。

『キャッスルロック2』(全10話)はWOWOWプライムにて2月15日(土)13:00より字幕版を先行一挙放送。2月18日(火)より本放送スタートとなり、二ヵ国語版が毎週火曜23:00より、字幕版が毎週水曜22:00(※第1話は21:55)より始まる。いずれも第1話無料放送。また、それに先駆けて、前シーズンが2月12日(水)9:20より一挙放送となる。(海外ドラマNAVI)

Photo: