『Uボート』『ハンニバル』『キャッスルロック』オスカー関連作がドラマに!

©株式会社AXNジャパン

2020が始まりました。新しい年が始まるとまず気になるのが 映画の祭典アカデミー賞授賞式。 今年は2月10日に発表されます。 一度アカデミー賞を賑わした題材となるとその後もドラマ・映画へと 展開されていくこともあります。 今回はアカデミー賞作品のDNAを受け継いだドラマをまとめていきます。

『羊たちの沈黙』→『ハンニバル』

HANNIBAL / ハンニバル

原題:HANNIBAL

アメリカ

more

猟奇サイコサスペンスでありながら、アカデミー賞主要五部門の
作品賞・監督賞・主演男女優賞・脚本部門(脚色賞)を独占した『羊たちの沈黙』。
主要五部門受賞は『ある夜の出来事』『カッコーの巣の上で』とこの映画の三作だけの記録です。

ジャンルだけでなく、公開が発表の約一年前のという時期的な不利もものとせず
さらに主役のハンニバル・レクターを演じたアンソニー・ホプキンスの出演時間は20分弱、
作品を取り囲む様々な諸条件は作品の完成度が高ければ、関係ないということが証明されました。

ハンニバル・レクターはアンソニー・ホプキンスの前に『刑事グラハム』で
ブライアン・コックスが演じたことがありましたが、アカデミー賞を受賞したこともあって
アンソニー・ホプキンスのイメージが強烈に焼き付けられました。

この難役に挑んだのが北欧の至宝マッツ・ミケルセン。
前日談から描かれることもあって若々しさ・雄々しさも兼ね備えたレクター像を
提示して、高い評価を浴びました。

『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』『ミザリー』…→『キャッスルロック』

玉石混交と言われながらも数多くの映像化作品を生んでいる作家スティーブン・キング。

その中でもキャシー・ベイツがアカデミー主演女優賞を受賞した『ミザリー』を筆頭に
賞レースを賑わす作品がいくつも並んでいます。

フランク・ダラボン監督が立て続けに手掛けた『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』は
『フォレスト・ガンプ』『アメリカン・ビューティー』という強敵の前に授賞は逃しましたが
オールタイムベストにランクインするほど高い評価を浴びています。

ちなみにフランク・ダラボン監督はこの後、同じキング原作の『ミスト』で
同じ路線を期待した観客をどん底に叩き落す強烈な仕事をすることになります。

このキングの世界を丸々ドラマ化したのが『キャッスルロック』。
キャッスルロックというのはスティーブン・キング小説にたびたび登場する
架空の街で、このドラマはその架空の街を舞台にして、キングのエッセンスを注入した作品です。

シーズン1ではショーシャンク刑務所にまつわる謎を、シーズン2では
『ミザリー』のヒロインアニー・ウィルクスの若き日を描きます。

『ファーゴ』→『ファーゴ』

FARGO/ファーゴ

原題:FARGO

アメリカ

more

デビュー当初から、映画ファンから熱い支持を得ていたコーエン兄弟が
アカデミー賞を初めて受賞したのが1996年の『ファーゴ』。

兄弟の本領発揮というべき脚本賞と主演のフランシス・マクドーマンドが主演女優賞を受賞しました。

その『ファーゴ』をドラマ化したの『FARGO/ファーゴ』。
映画の直後に、一度ドラマ化企画がありましたが、それはとん挫。
2014年になってリブート版のドラマシリーズがスタートしました。
主演は『SHERLOCK/ シャーロック』でブレイクしたマーティン・フリーマン。

映画から17年後の物語としつつも、過去のコーエン兄弟作品のエッセンスが
随所にみられ、“コーエン兄弟版のキャッスルロック”というような作品になっています。

SHERLOCK

原題:SHERLOCK

イギリス

more

『Uボート』→『Uボート深海の狼』

海外ドラマ『Uボート ザ・シリーズ 深海の狼』|角川海外TVシリーズ

第二次世界大戦中にドイツ海軍の主力として活躍した潜水艦通称“Uボート”。

日本で言えば戦艦大和や零戦などと同じように戦争を象徴する存在として
多くの映画の題材となっています。

ドイツ人監督がウォルガング・ペーターゼン監督が手掛け、
アカデミー賞6部門にノミネートされた『Uボート』
この映画のストレート続編として製作されたのが『Uボート/深海の狼』です。

映画から約1年後を舞台にして陸上で起こるレジスタンスとゲシュタポとの闘いも描かれます。