国連総長、五輪機に広島へ

「核なき世界」発信

©一般社団法人共同通信社

2018年8月、長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典で献花する国連のグテレス事務総長=長崎市の平和公園

 国連のグテレス事務総長が、8月6日に広島市で営まれる「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」に参列してから、9日の東京五輪閉会式に出席したい意向を日本側に伝えていることが5日、分かった。グテレス氏は2018年に現職事務総長として初めて長崎市の式典に参加しており、平和の祭典である五輪を機に「核なき世界」を目指す意思を世界に訴える考えとみられる。複数の関係者が明らかにした。

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長も五輪の聖火リレーに合わせ5月に広島を訪問する方向。昨年のローマ教皇フランシスコに続き、被爆地から平和希求のメッセージを発信する動きが広がりそうだ。