クレイジーケンバンドの聖地、ライブハウス「FRIDAY」ドキュメンタリー映画劇場公開!

©有限会社ルーフトップ

横浜長者町で40年続く伝説のライブハウスを描いた音楽ドキュメンタリー映画『FRIDAY』が、2020年2月1日(土)より横浜シネマ・ジャック&ベティで劇場公開される。

FRIDAYは、雑居ビルの3階のわずか50席ほどのライブハウスですが、無名だった横山剣とクレイジーケンバンドが下積みを送りブレイクした現在でも毎月出演し続けていることでも知られ、音楽関係者には「クレイジーケンバンドの聖地」として名高いライブハウスだ。

80歳のマスター(磯原順一)が現役で店を切り盛りするライブハウスFRIDAYは、横浜を代表するミュージシャン柳ジョージに愛され、その魂が多くの一流ミュージシャンに引きつがれている。宇崎竜童、クリスタルキング、Bro.KORN、近田春夫、翔(TCR横浜銀蝿RSR)、山崎廣明(ラッツ&スター)らが毎夜ステージを繰り広げ、あるときはドームを満杯にするようなトップアーティストによるシークレットライブなどが行われるなど、まさに伝説のライブハウス。

本作は、80歳のマスターとマスターを慕うミュージシャン、お客さまの交流を軸に描いた音楽ドキュメンタリー映画。横山剣、クレイジーケンバンド、翔(TCR横浜銀蝿RSR)、山崎廣明(ラッツ&スター)、ムッシュ吉﨑(クリスタルキング)、近田春夫、宇崎竜童、なかの綾、カルナバケーション、大石吾朗など、マスターを慕うミュージシャン30組以上がインタビューとライブ撮影に協力。

また、ライブとして「長者町ブルース」「雨に泣いている」「カサブランカダンディ」「WON'T BE LONG」「横浜ホンキートンク・ブルース」「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」など、日本の音楽シーンを彩る名曲を含む全22曲も見どころ。マスター自ら電話でアーティストをブッキング、マスターとアーティストの信頼関係で成り立つステージ、酒と音楽を愛するライブハウス、まさに昭和のライブハウスがそこにはある。

製作総指揮は、日米のゴスペルを追ったドキュメンタリー映画『GOSPEL』(2014年|松永大司監督)、『世界を変えなかった不確かな罪』(2017年|奥田裕介監督)ミス日本50周年ドキュメンタリー『夢こそは、あなたの生きる未来』(2018年|小野篤史監督)を製作・プロデュースした飯塚冬酒が担当。監督は、ミス日本ファイナリストを描いたドキュメンタリー『今を憂う君も春になれば』(2019年)、ベトナム難民2世の青年と日本人青年の結婚式までを描いたドキュメンタリー『ぼくと、彼と、』(2019年)の四海兄弟。