綱啓永がスーパー戦隊シリーズの先輩・山田裕貴主演「ホームルーム」に出演!

©株式会社東京ニュース通信社

MBSほかで1月23日よりスタートする山田裕貴主演の連続ドラマ「ホームルーム」(木曜深夜0:59)に、現在放送中の「騎士竜戦隊リュウソウジャー」(テレビ朝日系)で、リュウソウブルー/メルト役を務める綱啓永が出演することが分かった。

同作は、千代氏による同名学園サイコ・ラブコメ漫画を実写ドラマ化したもので、生徒へのゆがんだ愛ゆえに、予測不能な奇行が次々と飛び出す戦慄(せんりつ)の学園物語。女子生徒からダントツの人気で「ラブリン」の愛称で親しまれているイケメン教師の愛田凛太郎(山田)だが、担任するクラスの桜井幸子(秋田汐梨)が好きすぎるあまり、幸子を自分でイジメて自分で救う、自作自演の救出劇を繰り返し、彼女のヒーローを装うサイコ・ラブストーリーが描かれる。綱が演じるのは、幸子と同じ図書委員で委員長を務め、幸子に思いを寄せる矢作健役。かつて、「海賊戦隊ゴーカイジャー」でゴーカイブルーを務めた山田とともに、ブルーコンビの夢の共演となる。

綱は「『矢作健』はヒロイン桜井幸子のことを純粋に思い、空回りしながらも頑張っている役で、キャラクターを作ったりお芝居する上でも常に桜井さんへの真っすぐな思いを軸にして臨みました。そんな矢作に少しでも共感していただけたらうれしく思います」と役作りについて語り、山田との共演については「今回はスーパー戦隊シリーズでも先輩。役者として尊敬し目標としていた山田裕貴さんと共演をすることができ、自分の中での一つ夢がかないました。撮影現場では、セリフを交わすことで大変勉強になりお芝居に挑むことができました」と憧れの先輩との撮影を喜んでいる。

そして先輩である山田は、「綱くんを見てるとデビュー当時、自分もヒーローのブルーだったことを思い出します。戦隊モノ、ライダーは登竜門と言われていますが、簡単なモノではないです。決して甘んじたこともないです」と同じく戦隊モノ出身俳優としての思いを語り、「綱くんには同じ事務所だからなのかあーだこーだ言ってしまいます(笑)。逃げるな、負けるな、挫けるな、向き合え、人を大切にしろって(笑)。あー、自分もうるさい先輩になったんだなって(笑)」と普段の綱に対する振る舞いを告白。しかし今回は「ラブリンと矢作の関係性もありますが、あえて今回の現場では何も言わずに、先輩後輩の距離感ではなく戦っています。すてきな綱が、矢作が見れるんだろうなと楽しみにしています」と期待を寄せている。