UMKドラマ「ひまわりっ~宮崎レジェンド~」出演者を発表! 主人公は平祐奈、父親役に高橋克典

©株式会社東京ニュース通信社

UMKテレビ宮崎が2020年春、開局50周年を記念して制作、放送するドラマ「ひまわりっ~宮崎レジェンド~」。人気漫画家・東村アキコ氏の「ひまわりっ ~健一レジェンド~」が原作で、宮崎が舞台の“超ローカルコメディー”だ。今回はその話題のドラマのメインキャストが発表された。

主人公・林アキコを演じるのは、人気若手女優・平祐奈! そしてアキコの父・健一(※1号)は高橋克典、アキコの彼氏候補・興梠健一(※2号)は井上祐貴がそれぞれ務める。(※父親と恋人が同じ名前であるため、作中では健一1号、健一2号と呼び分けている)

林アキコ役・平祐奈 コメント
「テレビ宮崎開局50周年の記念すべきドラマの主演を務めさせていただけること、とても光栄に思います。大先輩である高橋克典さんとの初共演、そして高橋克典さんの娘になれることがうれしく今から現場に入ることが楽しみでワクワクしています。内容もコメディーなので、このワクワクな気持ちを視聴者の皆さまにもお届けできるよう、全力で楽しんで頑張りたいと思います」

林健一役・高橋克典 コメント
「今回こんなに面白い原作、脚本のドラマに参加させていただけることになり、今から撮影が楽しみです。僕も以前、宮崎県都城市に2週間ほど仕事で滞在したことがあるのですが、とても雰囲気のいい町で気に入っておりました。宮崎ロケの撮影を楽しみにしています。愛らしく憎めない父・健一役を楽しみながらやらせていただき、見ている方々にも笑顔で楽しんでいただきたいです」

興梠健一役・井上祐貴 コメント
「この度、興梠健一を演じさせていただくこととなりました井上祐貴です。原作を読ませていただいて、早速東村アキコさんの『ひまわりっ』の世界観にひかれています。僕が演じさせていただく興梠健一は、植物にはとても詳しいけれど、天然。そして恋愛になると不器用な青年。気になるけど言葉になかなかできないという不器用さには僕自身とても共感できますし、親近感も湧きます。アキコやアキコの父・健一、そしてその他の登場人物もみんな濃くて濃くて…。読み進めていくのが本当に楽しい作品なので、ドラマも皆さんに楽しんでいただけるよう、精いっぱい挑みます」

【プロフィール】


平祐奈(たいら ゆうな)
1998年11月12日生まれ。兵庫県出身。O型。2019年は「御曹司ボーイズ」(Abema TV)の主演を始め、「まだ結婚できない男」(フジテレビ系)に出演するなど大活躍。また映画「10万分の1」(2020年以降に公開予定)では、白濱亜嵐と共にW主演を務めることも発表されている。姉は平愛梨。

高橋克典(たかはし かつのり)
1964年12月15日生まれ。神奈川県出身。O型。2019年は「後妻業」(フジテレビ系)、「庶務行員 多加賀主水」(テレビ朝日系)、「特命刑事 カクホの女2」(テレビ東京系)など多数作品に出演。2020年には、大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK)の出演が控えている。

井上祐貴(いのうえ ゆうき)
1996年6月6日生まれ。広島県出身。AB型。2017年に行われた「第42回ホリプロタレントスカウトキャラバン」で審査員特別賞を受賞。2019年は「ウルトラマンタイガ」(テレビ東京系)で主演を務め、“令和初のウルトラマン”として話題に。