プレミアリーグ、変幻自在のカメレオンプレイヤー6選

©フットボール・トライブ株式会社

写真提供: Gettyimages

「この選手、正直2人いて欲しい…」

サッカーゲームでも実際の試合観戦でも、そのように思った瞬間はないだろうか。

一般的なキャリアにおいて「スペシャリスト」か「ゼネラリスト」どちらがいいのかという議論がよく交わされているが、こうした考え方はどうやらフットボールの範ちゅうにおいても当てはまると考えている。今回はプレミアリーグにおけるゼネラリストタイプのプレイヤーを列挙していくことにしよう。

リシャルリソン 写真提供: Gettyimages

リシャルリソン(エバートン)

対応可能ポジション:CF・WG

リシャルリソンの才能を開花させプレミアリーグに適応することができたのは間違いなくマルコ・シウバの存在が大きい。その要因として前線での様々な起用法を長期間かけて試みたことが挙げられる。ワトフォード時代には3トップの左WGを担い神出鬼没なプレーで得点源と化し、現所属のエバートンではドミニク・キャルバート=ルーウィンとの2トップでゴールに迫る一助となっている。

ベルナルド・シウバ 写真提供: Gettyimages

ベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ)

対応可能ポジション:OMF・右WG

機転の効く範囲が広すぎるベルナルド・シウバは、ペップ・グアルディオラのお気に入り選手の1人である。それはシティの重要職でもあるCMFとWGを両方こなせることが何よりの理由である。自信に溢れた左脚から攻撃を展開するだけでなく、ストライカー顔負けの決定力も兼ね備え然るべき役割を全うしている。どちらもポジションで出場してもこぼれ球への反応が誰よりも早くオフザボールにも定評がある。

ギルフィ・シグルズソン 写真提供: Gettyimages

ギルフィ・シグルズソン(エバートン)

対応可能ポジション:CMF・OMF

またもやエバートンから。シグルズソンも幅広いポジションをこなす貴重なプレイヤーである。もはやエバートンもシステムはシグルズソンもスタートの位置から分解していく必要があるほどチームの中核と化している。前線に近い位置か、それともファビアン・デルフやトム・デイビスと同列でボールを散らすのか。どちらにせよ彼の代名詞でもある高精度の配球は厄介だ。また、とある識者はカルロ・アンチェロッティの招聘により、将来的には彼をかつてのアンドレア・ピルロのような起用法にコンバートさせるのではないかと指摘している。

ヤン・ヴェルトンゲン 写真提供: Gettyimages

ヤン・ヴェルトンゲン(トッテナム)

対応可能ポジション:CDF・左SDF

私は「サイドバックやボランチを経験したセンターバックは一味違う」と予てから考察している。カルレス・プジョルやセルヒオ・ラモスはまさに好例であり長らく最終ラインに君臨し一時代を築いた。ヴェルトンゲンもその1人ではないだろうか。通常はセンターバックで右サイドバック経験者のトビー・アルデルヴァイレルトとコンビを組みトッテナムも最終ラインを牽引しているが、時には左サイドバックとして攻撃の起点にもなりゴールへ迫る動きにも優れている。昨シーズンのチャンピオンズリーグ、ラウンド16ホームで行われたドルトムント戦では左サイドバックとして出場し1ゴール1アシストをマーク。現在もダニー・ローズやベン・デイビスの負傷により左サイドバックとして出場している。

アブドゥライェ・ドゥクレ 写真提供: Gettyimages

アブドゥライェ・ドゥクレ(ワトフォード)

対応可能ポジション:DMF・OMF

ドゥクレはボールハンターとしての印象が多いが、決定機演出やフィニッシュセンスにも長けた、まさに万能型MFとも言える。昨シーズンまでの彼はエティエンヌ・カプエとボランチとしてコンビを組み、攻撃は前線に任せながら時々前に顔を出すといったプレーが多かったが、残留請負人ナイジェル・ピアソンがワトフォードの指揮官になると、ドゥクレはトップ下での起用が増え得点源として重要な役割を担うようになった。ドゥクレが武器としているフィジカルセンスやしなやかな身体の使い方によりボールを相手陣内で保持することができるようになったのも、ワトフォードがここ数試合での好調である所以だ。

レアンデル・デンドンケル 写真提供: Gettyimages

レアンデル・デンドンケル(ウォルバーハンプトン)

対応可能ポジション:CMF・CDF

ウルブスの昨シーズンからの躍進は間違いなくシーズン途中で3-4-3から3-5-2にシステム変更をしたことにある。そしてそのシステム変更が功を奏した一因にデンドンケルが大きく関与している。持ち前のハードワークを武器にウルブスの中盤支配に大きく貢献し、ルベン・ネベスやジョアン・モウチーニョが攻撃をサポート。見事にヌーノ・エスピーリト・サントの要求に応えることに成功した。それだけでなく、今シーズンはウィリー・ボリーやライアン・ベネットの長期離脱の影響で最終ラインを担当しチームの上位浮上の一助となっている。