保釈中の逃走相次ぎ、法改正へ

罰則創設やGPS装着

©一般社団法人共同通信社

 保釈中の被告らが逃走する事件が相次いだことを受け、法務省が対策強化のための法改正を法制審議会へ諮問する方向で検討していることが7日、分かった。刑務所から逃げた場合などに限られる逃走罪を保釈中の被告にも拡大することや、控訴審判決公判への出廷義務化、衛星利用測位システム(GPS)の装着などが検討課題となるとみられる。

 刑法や刑事訴訟法の改正が想定されており、早ければ2月の法制審に諮問する。

 神奈川県で昨年6月、保釈中に実刑が確定し、横浜地検が収容しようとした男が逃走。その後も逃走事件が相次ぎ、法務省が法改正の検討を開始した。