Amazonの荷物を放り投げる配達員動画が炎上中 出るわ出るわ他にもこんな悪評が 「人としてどうかと思う」の声も

©TABLO

思わぬ所から落とし穴が

Amazonの配達員の男性が京都市伏見区の路上で荷物を放り投げる動画がインターネット上に拡散されました。京都新聞の取材に対して、該当するドライバーには、指導した旨を回答したことが報じられていますが、Amazonは大丈夫なのでしょうか。

今回問題になったAmazon配送業者は、『桃太郎便』と呼ばれる業者でしたが、様々なトラブルを以前から耳にしていました。

「色々な配達業者さんが来るけど、近隣に配慮ができなかったり、ミスしたりするのは、Amazonの配達員がダントツで多いからね。近々、ニュースになるようなトラブルがおきると思っていました」

と語るのは都内のマンション管理人Aさん。さらには、

「配達車両をマンションのエントランスの真ん前に停車するとか、あり得ないけど、時間との戦いに夢中だから、『桃太郎便』は仕方ないと思っていたんです。そうしたら、『宅配ロッカー間違えてしまいました』とか『伝票を違う部屋に入れてしまいました』と管理人に泣きついてくる始末。大丈夫か? と思っていました」

と別のマンション管理人Bさんも危惧していました。

また、狭い私道を配達車両で塞いで迷惑との声もありました。

「デイサービスのお迎えのクルマが家の前まで、入って来れなくて、『桃太郎便』のクルマと塀の間の狭いところを歩くのは大変でした。」と袋地の奥に住む高齢者は困惑していました。配達員以前に人として配慮が足りません。そして、誤配達をされそうになった人もいます。

「先代の大家さんが敷地内に私道とアパート、借家を作った関係で同じ住所に家が数軒あるんですが、外出しようとしたら、『はい。Dさん、お荷物です』って、私はDさんではないのに、他人の荷物を危うく渡されそうになりました」(Cさん)

さらに、留守宅の前に配達荷物を置く「置き配」を巡るトラブルも。

「同じアパートの別の部屋の前に間違えて、「置き配」をされて、近隣の住民とトラブルになりました。問い合わせの電話も繋がらないし、ヤマト運輸の方がキチンとしていたように思います」(Eさん)

便利で皆が利用するので、配達員の方の負担が大きくなっていることはお察ししますが、筆者の周囲だけでも様々なトラブルが起きている『桃太郎便』。これを機に改善して頂きたいものです。(文◎土竜妹子)