NITRO、9年ぶり新曲リリース! 渋谷TSUTAYA O-EASTでワンマンライブ決定!

©有限会社ルーフトップ

ヒップホップグループ「NITRO MICROPHONE UNDERGROUND(ニトロマイクロフォンアンダーグラウンド)」は、2019年に誕生から20周年を迎え、劇的な復活を果たした。5月にノンリリースながらも大ネタを大胆にサンプリングしたメガミックス「LIVE19」のMVをYouTubeで発表すると、6月には7年間の沈黙を破るワンマンライブを渋谷・TSUTAYA O-EASTで敢行。チケットは秒でソールドアウト、ブランクをまったく感じさせない8本のマイクリレーで、会場に詰めかけた1,700人を熱狂の渦へと巻き込んだ。その後もフェスなどいくつかの客演を経たNITROはアイドリング完了。迎えた2020年、この度さらなる活動を発表。

まずその第一弾は、NITROとしては実に9年ぶりとなるオリジナルニューシングルのリリース。1月10日(金)にApple Music、Amazon Music、LINE MUSIC、Spotify、などで配信される新曲「歩くTOKYO」のリリースが決定した。

「歩くTOKYO」のプロデューサーには、倖田來未やCRAZYBOY(ELLY from 三代目 J Soul Brothers)のプロデュースをはじめ、映像作品などのサウンドプロデュースでもその才能を遺憾なく発揮し、今や日本の音楽シーンにとっては欠かせない存在となりつつあるJOE IRONを招聘。90年代のHIP HOP黄金期を彷彿とさせるような温かみのあるサンプリングサウンドが、トラップ・ビートと交差する新たな世界観を提示。変わりゆく東京を舞台に、今も変わらない8人がつなぐマイクリレーは必聴だ。

そして1月30日(木)には、その「歩くTOKYO」をひっさげ、7か月ぶりのワンマンライブ「LIVE20」の開催が決定。前回即ソールドアウトとなったチケットは、1月10日(金)より一般発売が行われます。今回も完売必至だけにお早目の購入がオススメ。

衝撃の復活となった2019年を経て、2020年もさらに精力的な活動が期待されるNITRO MICROPHONE UNDERGROUND。まずはその序章ともいえる新曲「歩くTOKYO」とワンマンライブ「LIVE20」に刮目。