大分、タイ代表MFティティパンの期限付き移籍満了を発表

©フットボール・トライブ株式会社

写真提供: Gettyimages

大分トリニータは7日、タイ代表MFティティパン・プアンチャンが期限付き移籍満了で退団することを発表した。同選手はパトゥム・ユナイテッドFCに復帰することが決定。

ティティパンは公式サイトで「昨年1年間大分トリニータと僕の事を応援してくださったサポーターの皆様に心から感謝しております。このチームに在籍した時は日々皆様から素晴らしい歓迎して頂き、非常に温かく感じさせて頂きました。今年はタイリーグのパトゥムでプレーすることになりますが、今シーズンも大分トリニータが目標達成出来ることを願っております。これからもずっと応援し続けます。本当にありがとうございました」と感謝を延べている。

ティティパンは2019シーズンにJ1で20試合に出場している。Jリーグは近年、北海道コンサドーレ札幌FWチャナティップ・ソングラソンや横浜F・マリノスのDFテーラトン・ブンマタンらタイ人選手の活躍が目立っている。
今後のティティパンの活躍に期待したい。