収納を増やす!クローゼット増築リフォームに必要な広さと費用

©株式会社WAKUWAKU/リノベ不動産

「収納を増やしたい!」そんな時、クローゼットの増築が候補の一つとなるかもしれません。クローゼットを新たに作れば、きっと収納は増えるでしょう。ただ、クローゼットを増築するには必要なスペース、必要な費用を把握しておくことが大切です。

今回は、クローゼットの増築リフォームに必要な広さと費用をお伝えします。上手に収納して、すっきりとしたお部屋へ。まずは1歩踏み出してみましょう。

収納が欲しい方へ提案。クローゼットのリフォームという選択

収納にはいろいろな方法があります。その中でもクローゼットは、隠す収納として代表的なものと言えるでしょう。服に限らず小物でも、様々な物をしまうことができます。

基本的には、クローゼットは服をしまう場所。そのため、通常は縦に長い形をしています。ハンガーパイプを横に渡し、次々とハンガーをかけていくことで効率的に服を収納できます。そして下部のスペースを使って小物など、服以外の物も収納できるでしょう。

クローゼットの中に仕切りを作るなどの工夫で、使い方は広がっていきます。収納ボックスでさらに細かくスペースを区切るも良し、シーズンに合う服だけを吊るしておいて使い勝手を向上させるも良し。自分好みにアレンジしていきましょう。

ただ、クローゼットは押入れに比べると寝具はしまいづらいと言われています。ベッドではなく布団を使っている方は、気を付けたほうが良いかもしれません。

では次に、具体的に必要なスペースと費用を見ていきましょう。

壁面クローゼットへリフォーム。その広さと費用

壁面クローゼットとは、壁の中に作るクローゼット。狭い空間でも増設しやすく、縦横に広い空間でたくさんの服を収納できるという魅力があります。

壁面クローゼットの場合、スペースで重要なのは奥行。一般的には奥行60cm程度が使いやすいと言われています。あまり奥に広すぎると、物を取り出しづらくなるというのが理由です。

かかる費用の相場は、10万円~50万円というのが一般的。費用の幅が大きいのは、内装のリフォームも必要であることが一因と言われています。

ウォークインクローゼットへリフォーム。その広さと費用

ウォークインクローゼットは、壁面クローゼットに比べて収納できる物が多く、大きい物も収納できる場合があります。ファッション関係のアイテムをすべて収納して、クローゼット内でコーディネートを完成!というワザを使えるのもウォークインならでは。

では、ウォークインクローゼットはどのくらいのスペースがあれば作れるのでしょうか?

一般的に、奥行は90cm程度あると良いと言われています。

横幅は、まず人の通路として少なくとも60cm、そしてハンガーをかけるスペースを左右それぞれ60cm。合計で180cm程度は必要とされています。

費用は18万円~50万円。壁面クローゼットよりも高額になる傾向があります。

クローゼットのドアをリフォーム。どんなドアが使いやすい?

事例はこちら

クローゼットを増築するなら、ドアにもこだわってみましょう。ドアには様々なタイプのものがあり、それぞれメリットもデメリットもあります。部屋のレイアウトや、好みの使用感をあらかじめ考えて選びましょう。

・引き戸
扉を横にスライドさせる形式のドア。少ない力で開くことができるため、開け閉めの負担が少なく子供や高齢者でも使いやすいと言われています。そしてクローゼット手前に必要なスペースが他のドアに比べて少ないという点もメリットと言えるでしょう。

壁際にベッド等の家具が多く、広いスペースを確保できない方に向いたドアです。

ただ、クローゼットの中を一目で見るのは難しく、自分の持っている服を一望しづらいというデメリットもあります。荷物を取り出す時も、開口部が狭く取り出しにくいと感じるかもしれません。

・開き戸
ドアを手前に引くことで開くことができるタイプ。引き戸と違い、クローゼットの中を広く見渡せるのはメリットと言えるでしょう。開口部が広いため、大きな荷物も比較的ラクに取り出すことができます。

開き戸の場合はクローゼット手前にスペースを確保する必要があります。近くに家具を置いてしまってドアが開ききらない、なんてことも。

部屋に十分なスペースを確保できる方なら、採用を考えても良いでしょう。

・折れ戸
ドアが折りたたまれるようにスライドするタイプ。手前に必要なスペースは開き戸の半分程度、それでいて引き戸より広く解放できるというメリットがあります。スライド機構がスムーズなら、力も少なく済む点も◎。

しかし、他の2タイプに比べて複雑な動きをするため、ドアに不具合が起きやすいと言われています。

まとめ

収納不足の時には、クローゼットの増設は有効な手の一つです。服の収納がメインにはなりますが、工夫次第で他の物も収納できる可能性があります。

効率的にスペースを利用できる壁面クローゼットにするか、ファッション関係のアイテムをひとまとめにできるウォークインクローゼットにするか。必要なスペースや費用を解説しましたので、ぜひチョイスの参考にしてください。