米軍、中東に4500人増派

イランの報復に備え、B52も

©一般社団法人共同通信社

6日、イラン精鋭部隊のソレイマニ司令官の葬儀に参列し、かつての米国大使館前に掲げられた司令官の写真の前を歩く市民=テヘラン(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米政権は6日、イラン精鋭部隊司令官殺害への報復に備え、中東地域での米軍の態勢強化を加速させた。エスパー国防長官は記者団に「いかなる不測の事態への備えもできている」と強調。米メディアによると、米軍が基地を置くインド洋のディエゴガルシア島にB52戦略爆撃機6機を派遣するほか中東に約4500人増派する準備も指示した。

 国際社会では米イラン双方に緊張緩和を求める声が強まっており、トランプ政権も本格的な衝突は回避したい考え。エスパー氏は対話の用意があるとしつつ、イランの対応次第では「強硬に対処する」と述べ、報復を思いとどまるよう警告した。