ウーバー配達員の事故調査、労組

労災補償の改善求めて

©一般社団法人共同通信社

記者会見する「ウーバーイーツ」の配達員らでつくる労働組合の前葉富雄委員長(中央)ら=7日午後、東京都内

 食事の配送サービス「ウーバーイーツ」の配達員らでつくる労働組合は7日、全国の配達員を対象に、業務中に起きた事故の実態調査を始めたと発表した。配達員は個人事業主で労災が適用されないため、実情を把握し補償の改善を求めていくのが狙い。ウーバー側は昨年10月に事故時の補償制度を導入したが、労組は適用範囲が限定的で不十分としている。

 労組は5月までに報告書をまとめ、ウーバー側に補償内容の見直しや、配達員が安全に働けるよう求める方針。国にも労災保険の適用拡大を働き掛けるとしている。

 調査は労組のホームページ上で実施する。