殺害のイラン司令官、故郷で葬儀

数百万人参列、転倒で50人死亡

©一般社団法人共同通信社

7日、イラン南東部ケルマンで、革命防衛隊精鋭部隊のソレイマニ司令官らのひつぎの周りに集まる人々(Erfan Kouchari/タスニム通信提供、AP=共同)

 【テヘラン共同】イラン南東部ケルマンで7日、米軍に殺害されたイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官の葬儀が行われた。国営イラン放送によると、数百万人が参加。混雑のため人々が相次いで転倒し、少なくとも50人が死亡、200人超が負傷した。

 殺害されたイラクと、イランの各地で行われてきた一連の葬儀は節目を迎えた。ソレイマニ司令官の遺体は7日、ケルマンに埋葬される予定だったが、転倒事故を受けて延期された。

 司令官はケルマン南方の村の出身。6日の首都テヘランでの葬儀に続いて、大規模な式となった。