胆振地方で吹雪の恐れ

交通障害など注意呼び掛け

©株式会社室蘭民報社

 低気圧が発達しながら三陸沖を通過する影響で胆振地方は8日昼前から吹雪となる見通し。室蘭地方気象台は、強風や交通障害などに注意を呼び掛けている。

 同気象台によると、午前9時現在の最低気温は室蘭氷点下0・7度、登別氷点下4・3度など。予想される平均風速は室蘭で陸上12メートル、海上15メートル。午前6時からの24時間降雪量は、山間部など多いところで25センチとなる見通し。

 吹雪は夜まで続きそう。9日の予想最低気温は氷点下1度。曇りのち晴れとなる見込み。
(西川悠也)