Sexy Zone菊池風磨が女性の“裏顔”に衝撃!!「都市伝説なんじゃないの?」

©株式会社東京ニュース通信社

TBS系では、1月15日にオンナの生態トークバラエティー「裏顔女子の夜」(午後11:56)を放送。男性ゲストとして出演したSexy Zoneの菊池風磨は、「いろいろな“裏顔”エピソードを聞いて、本当に? 都市伝説なんじゃないか?と思うくらい信じられない部分がたくさんありました」と女性の生態に驚きを隠せない様子だ。

番組MCを設楽統(バナナマン)が務め、男性ゲストには、菊池と澤部佑(ハライチ)、女性ゲストにはYOU、山口もえ、藤本美貴、ホラン千秋、ギャル曽根、重盛さと美、福田麻貴(3時のヒロイン)が登場。女性が持つ“オモテ”と“ウラ”の顔をテーマに、二面性を巧みに使い分ける“裏顔女子”の生態を検証していく。街頭インタビューで調査した“パっと見”いい子に見える女子の行動の裏側に潜む“裏顔”エピソードを次々と紹介し、やたら話が合う女子、男性の前でハンドクリームを塗る女子、男性の家で手料理を振る舞う女子の本当の目的をひも解く。

“裏表ワード”のコーナーでは、ホラン千秋がオンナの本音と建前を解説。「優しそうだね」「タイミング合ったら行こう」といったワードに隠された女性の本音に男性陣は驚愕(きょうがく)。スタジオでは、あざとい“裏顔女子”の実態に出演者たちが白熱し、女性陣は「分かる!」「いるいる!」と共感の嵐だが、男性陣は「考え過ぎ」「いい子じゃん!」となかなか信じようとせず、意見は真っ二つに。そんな夢見がちな男性陣に、女性陣から「甘い!」「だまされてる!」などと厳しい声が上がり、男女の考えの違いが浮き彫りになっていく。

さらに、Sexy Zone菊池は「理想の女性像」を公開! 中学高校と男子校で「女性に対してめちゃくちゃ夢を持っている」という彼の理想は、オンナの裏顔を知り尽くしたスタジオの女性たちにどう見えるのか!? 菊池は「女性の普段の行動、言動にそんな“裏”があるとは考えてもいなかったので。もし全て本当だったら怖いですけど、勉強にもなりました。番組内で出てきた“裏表ワード”の本があれば、ぜひ買って参考にしたいです(笑)」と番組出演がためになった様子。

また、MCの設楽は「収録中は女子会に参加させてもらっているような感覚もありながら、男としては驚きもたくさんあってとても楽しかったです。わざと出し過ぎたハンドクリームを男性に塗ってあげるというエピソードは、なるほど!と思いました。もしあざとくやっていたとしても、ボディータッチされたら好きになっちゃう男は多いと思うし、単純にうれしいですよね(笑)」と男性目線でコメント。そして「ただ、女性の全ての言動、行動に裏はあるのかもって思うとちょっと恐ろしくもなりましたが(笑)、捉え方次第でもあると思いました。この番組は、男性が見ると驚きがあると思うし、参考になることもあるんじゃないかな。女性は共感できる部分もあると思いますし、男女共に幅広い方々に楽しんでいただける番組だと思います」とアピールした。