横山裕の飽くなき“挑戦”「失敗して学んで、試行錯誤してここまで来た」

©株式会社東京ニュース通信社

人気刑事ドラマの続編「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(フジテレビ系)に出演する横山裕が、「TVガイドPERSON vol.89」の表紙に登場。新しい年を迎え、役者として、関ジャニ∞のメンバーとして、日々「挑戦している」という現在の心中に迫る。

最近は、関西ジャニーズJr.のプロデュースを務め、表に立つだけではない取り組みにも精力的に活動。「頼られるに越したことはない。『お願いしていいですか?』って言われるような人間でありたい」と、自身が求められることに感謝を述べつつ、携わったことで「“俺でもできることがあんねんな”と思った」と、また別の充実感も得られたという。

関西ジャニーズJr.と向き合う中では、「こうしろ」と言うのではなく、最終的な判断は本人たちに委ね、あえて“突き放す”ような時も。「失敗したらええねんって思っているから(笑)」という背景には、横山自身「俺もしこたま失敗して学んで、試行錯誤してここまで来た」と語る経験があった。

以前から「不器用だから一つのことしかできない」と言っていたが、声がかかった仕事に対して「自分ができること、伝えられることをやろうと頑張っています」と。「余裕ないねん」と言いながらも、責任感が強く常に体当たりで挑戦し続ける横山。インタビューでは、関ジャニ∞としてのスタンスやファンとの関係性についても、現在の率直な思いを語っている。