県立図書館、来月リニューアル

1日、2日に記念イベント

©株式会社山形新聞社

 2月1日にリニューアルオープンする県立図書館のオープニングイベント(1、2の両日)の内容がまとまった。図書館が入る遊学館内の施設とも連携し、企画展や記念講演をはじめ約30種類の体験イベントを用意。幅広い世代が楽しめる内容となっている。

 1日は、記念講演として国文学研究資料館(東京)館長のロバート・キャンベルさんが「はじまりは坂の途中で―日本文学が見せる人間のゆとりと威厳について考えるために」と題して語る。山形工業高の生徒が講師を務めるプログラミング教室なども開催する。

 2日は、記念講演でJAXA宇宙飛行士の大西卓哉さんが宇宙ステーションの仕事と生活を紹介する。JAXA角田宇宙センター(宮城県角田市)所長の吉田誠さんによるスペシャルトークも予定。絵皿やバッグを作るワークショップ、読み聞かせスキルアップ講座なども開く。

 両日開催のイベントは紅花を使った各種工作、ランプ作りなど。企画展は図書館が現在地へ移転開館した1992年以降に出版された本県ゆかりの本などの展示会(3月14日まで)、日本語と外国語で書かれた同じ絵本を比べられる展示会(3月1日まで)も行う。

 県のホームページからイベントの詳細を記したチラシをダウンロードできるほか、イベントの申し込みも可能。問い合わせは県文化財・生涯学習課023(630)3126。