女子バスケ部で暴力、大阪市立中

男性教諭を停職、校長は減給

©一般社団法人共同通信社

 大阪市教育委員会は9日、市立中の女子バスケットボール部員に暴力や暴言を繰り返したとして、顧問だった男性教諭(36)を停職1カ月、監督責任を問い当時の男性校長(59)を減給3カ月の懲戒処分にしたと発表した。昨年12月27日付。

 市教委によると、教諭は昨年4~9月の練習中、態度が悪いことや指示通りにプレーできなかったことを理由に、3人に対し計5回、体を蹴ったりビブスを引っ張り転倒させたりした。ほかにも2018年9月から「殺すぞ」「病気」などと言い続けていた。

 校長は、アンケートで暴言を訴える記述があったのに、事実確認や教育委員会への報告をしなかった。