頭頸科で新規の受け入れを停止 県立がんセンター 医師確保困難

©株式会社上毛新聞社

 群馬県立がんセンター(太田市)は9日までに、口腔(こうくう)や咽頭、喉頭、舌などの耳鼻咽喉科の領域のがん治療に当たる頭頸(とうけい)科での新規患者の受け入れを停止した。現在は常勤医が3人いるが、体制を維持する見通しが立っていないためとしている。治療中の患者に影響しない形で診療を続ける方針。

 センターによると、主導的立場の医師が非常勤での勤務を希望し、他の医師も勤務を続けるか不透明な状況にある。新規患者を受け入れた場合、少なくとも数カ月の治療期間が必要になり、途中で治療を中断するといった影響も考えられるため、昨年12月18日から受け入れを取りやめた。