シリーズ 美幌町役場新庁舎建設 第28回

©株式会社VOTE FOR

「人と未来をつなぐ空間」の実現

◆新庁舎建設進捗状況 Vol.2
今月は、10~11月の工事内容などについてお知らせします。

▽地中熱ボアホール
新庁舎では、地中熱ヒートポンプを採用します。その採熱方式は「ボアホール方式」で、地下100mボーリングし、熱交換するチューブを入れます。チューブは20本入れることとしております。(試験で既に1本入れていますので、全部で21本使用します。)深い地中の温度は一定です。これにより、暖房時は外気より高い温度、冷房時は外気より低い温度が地中より採熱でき、省エネルギーで機器を運転できます。

▽掘削
基礎工事のための掘削を行いました。
2.5m程度掘削しています。

▽コンクリート打設
新庁舎は「鉄筋コンクリート造」です。
地階部分の基礎コンクリートを打設しました。
打設とは、建築の基礎となる生コンクリートを枠の中に流し込む作業です。
約400立方メートルのコンクリートを打設しました。生コンクリート車100台分です。

工事期間中は駐車台数に限りがあるため、自動車での来庁をお控えいただくなど、町民の皆様には大変ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

新庁舎建設について連載しております。
お知りになりたい情報や、内容への質問等はご連絡ください。