村上信五&大倉忠義がつら過ぎて脱力!? “関西弁禁止”街ブラロケに挑戦!

©株式会社東京ニュース通信社

関ジャニ∞がトーク・ロケ・コント・ゲームなどのさまざまな企画にチャレンジし、新たな一面を魅せるフジテレビ系「関ジャニ∞クロニクル」(土曜午前10:53)。新年最初の放送となる1月11日は、新企画「関西弁禁止ウォーカー」に村上信五と大倉忠義が挑戦する。

「関西弁禁止ウォーカー」は、関西弁をいっさい話さずに街ブラロケができるか競い合うもので、普段なら通行人にも関西弁でツッコみまくる大阪生まれ大阪育ちの村上と大倉がチャレンジ。上京して既に15年の月日がたっている2人なら、しっかりとした標準語も話せるはずだが…。進行は大阪出身の川田裕美アナウンサーが担当し、正しい標準語を解説。さらに、ゲストに河本準一(次長課長)が登場し、2人のペースが乱れまくる!

訪れたのは東京・板橋区にある人気の商店街。村上はロケについて「急に何かハプニングが起こった時も」と切り出すも、いきなり複数のNGを出してしまう。ロケ進行中もなんとか標準語を話そうとするあまり、英語を入れてみたり、カタコトになったり。そして食リポの最中に「珍しくな~い?」とらしくない標準語も飛び出してしまう。

大倉の番になると、村上は関西弁が解禁になりいつもの調子が戻ってくる。大倉は「生き生きしていますね」と標準語で突っ込もうとするも、関西弁イントネーションに。いきなり「わからん!」が飛び出してしまう。さらに人気グルメで食リポしようとすると、関西弁を出すまいと敏感になりすぎて、あるおかしな行動に出てしまう。そして最後はスナックへ。あの関西弁ソングを標準語バージョンに替えて歌え、という指令が。ここで大倉が取った珍行動に一同爆笑。2人が「こんなつらいものだと思わなかった」と脱力してしまうほどエネルギーを使い果たした新企画だが、関西弁を封印できたのは一体どちらなのか。