傷少ないiPS細胞作製、放医研

赤血球のもと使い安全に

©一般社団法人共同通信社

赤血球になる前段階の細胞「赤芽球」から作製したiPS細胞(荒木良子さん提供)

 赤血球になる前段階の細胞「赤芽球」から人工多能性幹細胞(iPS細胞)をつくると、DNAの傷が少ないものができることを放射線医学総合研究所や山梨大のチームが発見し、科学誌ネイチャーコミュニケーションズに10日発表した。

 がん化のリスクが減り、より安全な再生医療につながると期待される。今回はへその緒の中の血液から赤芽球を取り出して使ったが、放医研の荒木良子グループリーダーは「もっと採取しやすい細胞でもできるかどうか調べたい」と話した。

 チームは赤芽球に5種類の遺伝子を導入してiPS細胞を作製した。