岡城跡の「御城印」登場 3月末までの限定版も【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

岡城跡で販売が始まった御城印。右が3月末までの期間限定版=竹田市会々

 竹田市は国指定史跡岡城跡で登城記念の御城印(ごじょういん)の販売を始めた。中川家の家紋に城名などをあしらったデザイン。家紋が金色の期間限定版(3月末まで)もある。いずれも1枚300円(税込み)。

 御城印は神社や寺の御朱印のようなもの。市まちづくり文化財課によると、全国180カ所以上の城や城跡で販売している。県内では中津城に続いて2カ所目になる。

 書店で城巡りに使う「御城印帳」が売られるほど人気が高まっているという。「観光客を呼び込むツールになるのではないか」と同課は期待する。

 岡城料金徴収所で4日から販売を開始し、6日までの3日間で約100枚が出た。

 問い合わせは同徴収所(TEL0974.63.1541)。