台湾総統選、蔡英文氏が優勢

対中国が争点、結果判明は今夜

©一般社団法人共同通信社

台湾総統選で投票に訪れ、支持者に向かって手を振る民進党の蔡英文総統=11日、新北市(共同)

 【台北共同】台湾で11日、総統選の投開票が行われた。同日夜に結果が判明する。再選を目指す台湾独立志向の与党、民主進歩党(民進党)の蔡英文総統(63)が親中路線の最大野党、国民党の韓国瑜・高雄市長(62)らを抑えて優勢。中国との距離が最大の争点となった選挙の結果は、中台関係や米中対立に影響を与えそうだ。

 民進党は2018年11月の統一地方選で惨敗したが、中国の習近平指導部による台湾統一圧力の強化や、昨年6月以降続く香港での抗議活動によって反中意識が高まったことが追い風となり、息を吹き返した。蔡氏は「一国二制度」に反対する姿勢を強調している。

台湾総統選で投票に並ぶ有権者ら=11日、新北市(共同)