瀬戸内寂聴“不倫のススメ”に大批判!「僧侶の発言とは思えない」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)Anatoliy Karlyuk / Shutterstock 

作家で尼僧の瀬戸内寂聴が昨年上梓した『寂聴九十七歳の遺言』(朝日新書)の中で、「不倫でも何でもやったらいい!」と発言していたことが、ネット上で物議を醸している。

寂聴はネットメディア『AERA dot.』の取材で、なぜそのような発言をしたのか問われると、「情熱に身を任せて不倫でも何でもやってみたらいいじゃないですか。傷ついて別れたっていい、また誰かを好きになったらいいんです」「別れるつらさを身に染みて覚えたら、もしかしたら、素晴らしい詩や小説ができるかもしれない。これ以上の楽しい恋愛はないということを経験した人でも、それはそれで何かの形で表現したくなるでしょう」などとコメント。

続けて「百冊の本を読むよりも一度の真剣な恋愛の方が、はるかに人間の心を、人生を豊かにします。経験者は語る、間違いありません」と、不倫を容認するかのような発言を残している。

「瀬戸内寂聴といえば、尼僧というイメージが強いですが、ここ数年は小説家として、ご意見番的な存在感を示しています。最近では〝STAP細胞問題〟で渦中にあった小保方晴子さんと対談したことも話題になりましたね。しかし、一方で、若いころには夫と幼い娘を捨て、夫の教え子と恋仲になるなど、泥沼不倫騒動を起こしています。本人はそのことを小説『夏の終り』で描き、女流文学賞を受賞して、自身が活躍する足掛かりにしていますが、それを一般の人に勧めるのはどうでしょうか。最近は不倫に対する風当たりも強く、寂聴の発言に『ふざけるな!』と怒りの声が広がっています」(エンタメ誌編集者)

 

傷つけられる側のことを全く無視と批判

ネット上では、

《どんな理由があっても不倫はダメでしょ。この人、昔から不倫を容認しているよね》
《誰も幸せにならないのに、何て無責任なことを言ってるんだろ。僧侶の発言とは思えない》
《傷つけられる側のことを全く無視した教え。ちっともありがたくないわ》
《この人が何で持ち上げられてるのかさっぱり分からない。ありがたがって貢いでいる人がいるのが不思議》
《自分勝手に生きてきただけなのに、すべてを美化しているよね。ただのボケ婆さんだろ》

など、厳しい声が殺到している。

「数々の文学賞を総なめにし、文化勲章まで授与されている寂聴ですが、最近はそのワガママ放題の発言が問題視されるようになってきました。特に若い世代の女性からの反発はかなり大きいですね。さすがに今のご時世、不倫を容認する発言は完全なNGでしょう」(同・編集者)

本来なら人に教えを授けるのが僧侶としての役目。人生を豊かにするために不倫を勧めるというのは、さすがに的外れとしか言いようがないだろう。

 

【画像】

Anatoliy Karlyuk / Shutterstock