『嵐』リーダー大野智“酒に酔って”二宮和也をやんわり批判!?

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

大野智 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

『嵐』の二宮和也が、事あるごとにファンから批判・邪推されてしまっている。昨年11月の電撃結婚が、いまだ尾を引いているためだ。

1月3日、例年通り、今年も新春のフジテレビは「嵐」一色に。昼には2010年にメンバー全員で主演したスペシャルドラマ『最後の約束』を再放送し、夕方からは5人がさまざまな出来事を語り合う『嵐ツボ』、夜からは『VS嵐2020賀正 新春豪華3時間スペシャル』を放送と、ファンにとって盛りだくさんな1日となった。

しかし、ファンの中には、

《嵐ツボ見て二宮に嫌悪感を示してしまっても他の4人がかわいいので何とか保ってます》
《嵐ツボ、何で二宮が真ん中???》
《Twitterで感想の検索かけたら、二宮さんへの当たりが強いツイートが多くて》

などといった声を上げる者が。結婚に対する風当たりが一向にやまない中、二宮への嫌悪感が現れていることが分かる。

 

感動的な「イイ話」まで二宮たたきに…

大野智が出演したVTR企画も、番組中の〝二宮たたき〟に拍車を掛けた。大野は後輩の『A.B.C-Z』塚田僚一を呼び出し、ホームパーティー形式で酒を飲みながら本音を交わす企画を敢行。酒に酔った大野は自身の生い立ちや事務所入所の経緯を語り、ダンスをするようになったきっかけを「両親が笑って喜ぶことが幸せだった」と明かして塚田をうならせた。

すると、塚田は「ジャニーズってファンあってじゃないですか?『喜ばせたい!』って原点が、大野くんはご両親だったんだなぁって」と語り、大野は「やっぱりファンの子なんだよ。どう考えても」「ファンの子あってのウチらだから!」と返答。だいぶ酒が回ったのか、「もう俺は酔ってるよ今!?」と自ら明かし、いつもよりさらに舌足らずなしゃべり方になっていたが、「(ファンがあってだと)これを忘れたら終わるね!絶対的に」「ウチらが保てるのはファンの子のおかげだから」と、重ねて熱い思いをにじませた。

寡黙な大野が珍しく熱く語った場面だったが、一部のファンにとっては、この名言さえ二宮たたきのネタに。ネット上には、

《二宮くんは嵐ツボの智くんの言葉を聞いて何を思った???》
《どんな気持ちで二宮が聞いてたのか気になるね~》
《大野さん見るとジャニーズが夢を見せる職業だということを理解してることもファンを大切にしてくれてることも伝わるからこそ本当に二宮くんがゴミに見える》
《智くんの言葉が、二宮和也に言い聞かせているようにしか聞こえない》

など、二宮に対する厳しい言葉が飛び交った。どうやら、一部ファンの〝二宮不信〟は深刻なところまで来ているようだ。

しかし一方で、「嵐」活動休止の発端となったのが、大野の「自分の嵐としての活動を終えたい」「自由に活動してみたい」という意向だったのもまた事実。この決断を下したとき、大野こそ「ファンの子」に対してどういう思いでいたのか…。そこはやはり大いに気になる。