【スマイリングシンデレラ】“しぶこ”こと渋野日向子は元〇〇のエースで4番だった

©(株)東京放送ホールディングス

2019年8月の全英女子オープンゴルフで初優勝し、無名の新人選手から一夜にして国民的スターとなった“しぶこ”こと渋野日向子選手。同年10月に発表された「結婚したいスポーツ選手ランキング」でも堂々の女性1位を飾るなど、人気急上昇中です。

小学校時代はエースで4番

渋野選手が本格的にゴルフを始めたのは中学2年生のとき。
小学生の頃はソフトボールに打ち込み、エースで4番として活躍していました。当時所属していたチームの監督は、渋野選手に対し「オリンピックでソフトボールの選手になってほしい」と考えていたそうです。

さらに、好成績を残したのはスポーツだけではありません。
「何でも一生懸命やれる生徒。勉強もすごく熱心でクラスでも上位の成績だった」と語るのは、渋野選手の高校時代の担任の先生。

努力を重ね、何事もとことんやり抜くストイックな性格が、渋野選手の強さを生み出しています。

天真爛漫な“スマイリングシンデレラ”

渋野選手が多くの人から愛される理由の1つに「笑顔」があります。

全英女子オープンではプレッシャーを受ける場面で見せた満面の笑顔が注目され、“スマイリングシンデレラ”の愛称で呼ばれるようになりました。

また、ラウンド中に駄菓子を食べてエネルギーチャージする天真爛漫な姿も話題です。
今回、『炎の体育会TV』の企画コーナー「100秒チャレンジ」の挑戦前にも、みたらし団子を頬張る“モグモグタイム”が。

笑顔と天真爛漫なモグモグタイムでリラックス状態となり、パフォーマンスの向上に繋がっているのかもしれません。

トラブルを乗り越え、パーフェクト達成!

100秒間で15枚の的を抜く「100秒チャレンジ」に挑戦した渋野選手ですが、途中で球出しマシーンが停止するトラブルが発生。

チャレンジは中断、集中力やリズムが狂うアクシデントに見舞われました。

その後、気を取り直して再挑戦。集中力を高め5球連続ヒットと最高のスタートを切ります。そして驚異の的中率50%で的を抜き、なんと84秒でパーフェクトを達成しました。

ピンチをチャンスに変え、力を発揮した渋野選手。これからも全開の“しぶこスマイル”を楽しみにしています。

究極のスポーツバラエティ炎の体育会TV(TBS系列:土曜よる7時~)