【編集部が遊んだゲーム】年末年始に遊んだゲームを振り返ったり、発表されたばかりのゲームに注目しています

©株式会社イクセル

Gamer編集部がその週にプレイしたゲームについて、気ままに紹介していく「編集部が遊んだゲーム」。2020年最初の更新は、年末年始に遊んでいたゲームの話題です。

■TOKEN

どうも、TOKENです。今週が仕事初めだったわけですが、正直そんなことを忘れるかのごとく、取材やら打ち合わせやらで忙殺される一週間でした。冬アニメの新番組はまだあまり見れていないのですが、とりあえず「映像研には手を出すな!」と「恋する小惑星」をロックオンしております。あと「22/7」も楽しみにしているので、その感想は来週にでも。

……というお約束を挟みつつ、年末年始は帰省していたこともあってあまりゲームができなかったのですが、その中でも「新サクラ大戦」はクリアしました。ネタバレになるので触れられない部分も多いですが、片野プロデューサーがインタビューで話していた神崎すみれ役の富沢美智恵さんのお芝居は本当に良くてグッとくるものがありました。あと編集部のスタッフに聞いたところ、自分以外の全員がこいこいのルールを知らないという衝撃の事実に驚きました。こ、これがジェネレーションギャップ…(2歳差)。

あと以前も書いたのですが、年末年始はとにかくスマートフォンゲームのガチャが猛威を振るう季節ですね。年末は(金銭的な意味で)本当にハードな戦いでした…。年内最後の更新で「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」に触れたと思うんですが、無事に担当アイドルを迎えられたことをご報告いたします。

■ヨッシー

「おかんが言うにはな、主人公自身がポケモンとなって困っているポケモンたちを救助するらしいねん」
「そ、そ、その特徴はもう完全に『ポケダン』やないかい~~~~~~~~~!」

と、いうわけで先日配信された「Pokemon Direct」で完全に虚を突かれたました、ヨッシーです。いや~、まさかここまで情報が多いとは。配信前は「『Pokemon HOME』と新キョダイマックスポケモンの発表くらいかな~」とか思っていたのですが、「ポケダン」に「ポケモン 剣・盾」のエキスパンションパスにと嬉しい情報尽くしでしたね。

実は「ポケモン不思議のダンジョン」シリーズはきちんと遊んだことが無くって、「リメイクがきたら遊ぶぞ!」と思っていたらズルズルとここまできてしまっていたので、めちゃくちゃ嬉しかったです!!

配信終了後、さっそく体験版を落として遊んだのですが何よりグラフィックが良いですね! 元のドットも味があってもちろん好きなのですが、今回は絵本のようなほんわかした画で見ていてとても癒されます。

「ポケモン」は関連タイトルが幾つもありますが、ポケモン自身を自由に操作して遊べるゲームって実は結構少ないんですよね。私はミズゴロウが好きなのですが、ミズゴロウをよちよち歩かせているだけで、もうなんか嬉しくなってきます……! 発売日も3月6日と意外に早く、それまでに何とか「ポケモン 剣・盾」をひと段落させておきたいところです。

■つなよし

年末年始のお休みが終わってしまいました。お休み中に運動を頑張ったのですが、体重はプラマイゼロです。お餅を食べすぎましたね……。でも大丈夫。私ついに「リングフィットアドベンチャー」を購入いたしました。届くのは1月末とのことなのですぐには遊べませんが、これでムキムキ待ったなしです。

さて、仕事をしていると、隣の席のヨッシーさんから突然あるモノを渡されました。

あるモノ

というわけで、今まで未体験だった「NieRAutomata」を遊んでおります。初っ端から「FFXIV」で聴き馴染みのあるBGMと、見覚えのある場所、そして毎週お世話になっているあの巨大なロボットが登場してテンション上がりました。今後更新されるアライアンスレイドがますます楽しくなっちゃいますね。ありがとうございます!

ゲーム本編も大変堪能しております。なんとなくガチャガチャしているだけでかっこよくスタイリッシュに動けてしまう爽快2Dアクション!たまらない!寂しげな廃墟の雰囲気!たまらない!もっと早く遊んでおけばよかった!まだまだ序盤なのでこれからじっくりと遊んでいこうと思います。

マルクスバンザイする人だ~ スクショボタン連打したので左上にアレ、出てますね。
人工物が自然と一体化していく廃墟感、いいですよね。雰囲気ヨシです。

■ロック

年末年始の時間を使って「十三機兵防衛圏」を一気にクリアしました。クリアタイム約40時間と長い戦いでしたが、めちゃくちゃ面白かったです…。主人公の多い作品ではどうしても空気っぽくなるキャラクターが出がちなのですが、本作は13人それぞれのキャラが立っていました。特に時空と性癖の壁をいっぺんに超えてくる沖野君は衝撃的でしたね。

舞台が昭和でも、シチュエーションは最先端

そんな本作の余韻が抜けきれなかった今週は、セールで買ったリズムゲーム「初音ミク -Project DIVA- X HD」を少し遊んでいました。古いゲームですが、ライト音ゲーマーの私にとっては「初音ミク Project DIVA Future Tone」より丁度良い難易度と感じました。曲数は多くないですが、その分名曲が揃っています。

ピノキオピー氏の「すろぉもぉしょん」、泣ける

そんなこんなで、「新サクラ大戦」に手をつけるのがすっかり遅れてしまいました。ポケモンのDLCや新作も発表された今、3連休を使って一気にクリアしたいところですね。

■Ayato

今週はお休みです。

(C)窪岡俊之 (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.(C)2020 Pokémon. (C)1995-2020 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.(C)1993-2020 Spike Chunsoft.ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。「不思議のダンジョン」はスパイク・チュンソフトの商標です。(C) 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Developed by PlatinumGames Inc.(C)ATLUS (C)SEGA All rights reserved. (C) SEGA / (C) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net記載の商品名および社名は各社の登録商標です。