岡山で外国人日本語スピーチコン カンボジア出身パルさん最優秀賞

©株式会社山陽新聞社

母国の文化をテーマに流ちょうな日本語でスピーチするパルさん

 岡山県内在住の外国人による日本語スピーチコンテスト(環太平洋大主催)が11日、岡山市北区丸の内の市民会館であり、岡山外語学院1年パル・ヨアンラーさん(21)=カンボジア出身=が最優秀賞に輝いた。

 米国、中国、韓国、ロシア、ベトナムなど9カ国の留学生ら18人が出場し、5分の制限時間内に自由なテーマで発表。日本語学校関係者らが内容や表現力を審査した。

 パルさんは、独身女性が結婚に向けて一定期間自宅にこもり、親族から家事などを学ぶカンボジア古来の文化が失われている現状を説明。「料理や子どもの世話ができない女性が増えた」とした上で「家庭を守っていくために必要な知識を身に付ける文化が、もう一度母国に根付くことを願っている」と述べた。

 他の入賞者は次の皆さん。(敬称略)

 【優秀賞】ゴー・バオ・ロンさん(環太平洋大、ベトナム)▽付文〓(〓は女ヘンに亭)(岡山大、中国)

 【審査員特別賞】林占偉(岡山科学技術専門学校、中国)