槇原敬之「僕の中で伝説」木村拓哉の“紅白”での行動とは?

©ジグノシステムジャパン株式会社

木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。1月のゲストには、シンガーソングライターの槇原敬之さんが登場。1月12日(日)の放送では、歌番組で共演したときのお互いの印象や、木村の最新アルバムにまつわるトークで盛り上がりました。
◆番組後半記事はコチラ

◆歌番組で共演「本物じゃん!」
槇原さんは、昨年10月にデビュー30周年を迎え、アニバーサリーイヤーを盛り上げるべくリリースやコンサートなど精力的に活動しています。1月8日(水)にリリースした木村のオリジナルアルバム『Go with the Flow』収録曲「UNIQUE」の作詞・作曲・編曲も手がけています。

番組冒頭では、過去に歌番組「FNS歌謡祭」や「ミュージックステーション」などで共演したときの話題に。

木村が「自分たちが歌番組に出させていただいたときに両サイドを見ると、それこそ槇原さんが居たり、こっちを見たらB'zが居たり……“本物じゃん!”って」と話すと、槇原さんは「いやいや、ちょうどいい機会だから言っておくけど(笑)。僕らは僕らで、SMAPを見て“本物じゃん!”って。テレビの人としては、やっぱり“達人”なわけですよ。たぶん(共演している)みんなそう思っていましたよ。でも良かった。そんなふうに思っていたんだ、というのが聞けて」と語ります。

そして、「話が脱線しちゃうけど、木村拓哉という男に感謝しているんですよ」と前置きしつつ、「『NHK紅白歌合戦』で(SMAPが)『世界に一つだけの花』を歌うときに呼んでいただいて。僕は職人的に曲を作っていて、それを発表する場はライブなので、テレビってテンションとか様子がわからないんですよ。北島三郎さんの背中を見ながら、まごまご歌っていたら、木村さんがバッと来て、僕の背中を“ボンッ”て押して『行こう!』って前に出してくれたんです。そのとき、泣きそうになっちゃって……僕(笑)。それからというもの、僕のなかでの伝説ですよ。『木村拓哉はいいヤツだよ!』って言いまくっているもん」と感謝を口にします。

◆“俺のフィルター”で濾して大丈夫?
続いての話題は、アルバム『Go with the Flow』について。槇原さんが「そうそうたるメンバーが(楽曲を)書いているじゃないですか」と話すと、「槇原さんもそのうちの1人ですけど」と笑顔で答える木村。

続けて「この場を借りて言うんですけど、“待ってくれよ!”って思ったのが、みんなから送られてくるデモテープは、(楽曲提供した)本人が歌ってくれているから、ある意味“完成品”なんですよ。届いた本物を、俺のフィルターで濾(こ)してしまって“大丈夫なのかな?”っていう気持ちが、自分のなかにすごくありましたね」と明かします。

すると、槇原さんは「たぶんみんな、木村拓哉の声を頭に描いて作っていると思うんだけど、デモテープになると、(例えば)B'zの稲葉(浩志)さんは、どうしても稲葉さんになってしまうだけの話。それでいいんですよ。僕も今回そうでしたから」とフォローします。

そして、「本来、僕に依頼してくれたわけだから、“僕の節がさく裂している曲がほしいのかな”とも思うんですけど、僕が歌うから成立するという場合もあるんです。だから、人に楽曲を書くときは極力(自分の色を)排除しないと、その人の魅力が出なくなる場合があることを、ここ数年間で学んだ。だから今回は、“木村拓哉が歌うという前提で……”という思いは、頭のなかにありましたね」と語りました。

そんな思いで手がけたからこそ、「でも今回のアルバムは、“みんなの思う木村拓哉”が見られたんじゃないですか? だって(楽曲提供した)アーティストが思う“木村拓哉ってこうだよね”“こういう曲を歌ってほしいな”っていう感じの集まりだから」と語り、「アルバム作りはすごく楽しかったんじゃないですか?」と問いかけます。

これに対して木村は、「みんなから“歌”という形で、『どうぞ!』って気持ちを込めて作るものって、やっぱり(その人の)気持ちが乗っかっているじゃないですか。だから今回、楽曲提供してくれた皆さんから、僕が勝手に感じているのは“これで盛り上がっちゃってよ!”っていう単なる楽曲提供と言うより、ものすごく気持ちがこもっている1曲1曲だし、その気持ちをしっかりと自分が受け取って、感謝しながらも“楽しまなきゃな”っていうモチベーションでレコーディングに臨みました」と感謝の気持ちを述べていました。

次回1月19日(日)の放送も、引き続き槇原さんをゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!

▼「木村拓哉クイズ王決定戦」予選会締め切り迫る! 1月12日(日)23:59まで▼
2020年1月8日(水)にリリースされた、木村拓哉のオリジナルアルバム『Go with the Flow』。同アルバムの発売を記念して、2月24日(月・振休)に開催される購入者限定プレミアムイベントで「木村拓哉クイズ王決定戦」を実施します!

予選会として、本番組「Flow」および無料動画配信サービス「GYAO!」で配信中の番組「木村さ〜〜ん!」にまつわるクイズを、「Flow」公式サイトにて出題。見事予選を突破した“選ばれし回答者”は、イベント会場で行われる本戦に出場できます!


【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年1月20日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
▶▶80名様に「TOKYO FM」オリジナルグッズをプレゼント! 応募はコチラから◀◀


<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30~11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/