訪れてみたい⁉ 田中圭が店主のオシャレなお花屋さん

©株式会社ニッポン放送

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第759回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。支配人の八雲ふみねです。シネマアナリストの八雲ふみねが観ると誰かにしゃベりたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

 

今回は、1月17日公開の『mellow メロウ』を掘り起こします。

ニッポン放送「しゃベルシネマ」

今泉力哉監督渾身のオリジナルラブストーリー

2019年は『愛がなんだ』がロングランヒット。恋愛映画の旗手・今泉力哉監督が手がけたオリジナルストーリー『mellow メロウ』。

街でいちばんオシャレな花屋と廃業寸前のラーメン屋を舞台に、不器用な男女のさまざまな片想いをユーモアを交えながら描いた恋愛群像劇です。

ニッポン放送「しゃベルシネマ」

独身で、彼女なし。オシャレな花屋“mellow”を営む夏目誠一は、好きな花に囲まれて穏やかに暮らしている。

姪っ子・さほを連れて出かけるのは、近所のラーメン屋。現在は代替わりして、若い女店主・木帆が切り盛りしており、亡くなった木帆の父の仏壇に花を届けるのも夏目の仕事だった。

夏目の花屋には、毎日、いろいろな客が訪れる。そのなかには夏目に密かに想いを寄せている常連客もいる。ある日、常連客のひとり、人妻の麻里子に恋心を打ち明けられる夏目。しかも、彼女の夫の目の前で。

さまざまな恋模様に巻き込まれる夏目だが、彼自身の想いは、一体…。

ニッポン放送「しゃベルシネマ」

主演は、いまもっとも注目を集める俳優、田中圭。「花が恋人ですよ」と語る爽やかなモテ男ぶりに、思わずうっとり。そしてヒロイン古川木帆役には、2020年はさらなる活躍が期待される注目の若手女優、岡崎紗絵が起用されました。

さらに共演には志田彩良、松木エレナ、白鳥玉季、SUMIRE、山下健二郎(友情出演)、ともさかりえ、小市慢太郎と、個性豊かな面々がズラリ。今泉ワールドを体現しています。

ニッポン放送「しゃベルシネマ」

主人公の夏目をはじめとする登場人物はみんな、いい人ばかり。沢山の“実らない恋”が描かれているのに、決して暗くなることなく、むしろ美しくも面白おかしく物語が展開する本作。

観終わった後は、ほっこりとした優しい気持ちに包まれることでしょう。そしてきっと、ラーメンが食べたくなる、ハズ。

ニッポン放送「しゃベルシネマ」

『mellow メロウ』

2020年1月17日(金)から新宿バルト9、イオンシネマシアタス調布ほか全国ロードショー
監督・脚本:今泉力哉
音楽:ゲイリー芦屋
主題歌:並木瑠璃「花になる」
出演:田中圭、岡崎紗絵、志田彩良、松木エレナ、白鳥玉季、山下健二郎(友情出演)(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、SUMIRE、ともさかりえ、小市慢太郎
(C)2020「mellow」製作委員会
公式サイト http://mellow-movie.com/

ニッポン放送「しゃベルシネマ」

八雲ふみね

映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。
機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。
初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。
トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com