静岡学園、第98回高校サッカー選手権を制す!0-2から逆転で24年ぶり優勝

©株式会社コリー

第98回全国高校サッカー選手権大会は1月13日、決勝が埼玉スタジアム2002で行われた。

青森山田と静岡学園。高校サッカーを代表する名門同士の対戦は、11分にセットプレーから藤原優、33分には浦和レッズ内定の武田英寿がPKを決め、大会連覇を目指す青森山田が2点のリードを奪う。

しかし、前半アディショナルタイムに中谷颯辰のゴールで1点を返した静岡学園は、61分に今大会初出場の2年生FW加納大がスーパーゴール。

動画を見たい場合はここをタップ!

そして後半終了間際の85分、セットプレーから中谷颯辰がこの試合2点目となるゴールを決め、ついに逆転を果たした。

結局これが決勝点となり、3-2で勝利した静岡学園が24年ぶり2度目の選手権制覇。前回は鹿児島実業との両校優勝だったため、初の単独優勝を成し遂げた。